【インタビューあり】「舛添さん様々」東国原元県知事をゲストに、東大学士アイドル桜雪が選挙を斬る!

お気に入りに追加

東国原元県知事は、舞台出演を理由に都知事選には出馬しないと語った。

 舛添要一元東京都知事が最後の登庁を行った6月20日。何の因果か、秋葉原にある仮面女子の常設劇場P.A.R.M.Sでは、東国原英夫元宮崎県知事をゲストに迎え、18歳、19歳の新有権者を応援する新ユニット・秋葉仮面によるテーマ曲「選挙行こうぜ!」の発表会が行われた。本稿では、そのイベントの模様をお伝えするとともに、東大学士アイドルの桜雪に7月に行われる“例の選挙”について語ってもらった。

■まさかの都知事選も!棚ぼたの勢いに乗る選挙ユニット登場

 今年3月に東京大学を卒業した仮面女子の桜雪(23)をリーダーに、仮面女子研究生のスライムガールズより陽向こはる(17)、涼邑芹(17)、ぱー研!の山下ゆあ(19)によって結成された秋葉仮面。秋葉原という場所にちなんだ、メイドをモチーフにした衣装がかわいらしい。ライブでは、街角景気☆仮面女子↑の「景気イイのだっ!」が歌唱された後に、「選挙行こうぜ!」が発表された。

「選挙行こうぜ!」は、「マル・マル・モリ・モリ」の作詞、作曲でお馴染みの宮下浩司の作曲による、若者に投票を訴えたキャッチーな楽曲。ファンが「選挙行こうぜ!」と力強く叫ぶパートもあり、これから始まる参議院議員通常選挙や東京都知事選挙で、若者の投票気運を盛り上げてくれそうだ。

 そして、場が盛り上がったところで、いよいよ登場したのが、この日のゲスト、東国原元県知事だ。アイドルのライブを生で見るのは初めてと言うが、昔はキャンディーズのファンだったそう。ライブ中の熱の入ったファンの声援について「気持ちはわかります」と、親近感を持ったようだった。

 そんな元県知事に、今回の投票率はどうなるのか、桜雪が訪ねると、「10代は、20数%になるのではないかと思います。投票率はだいたい、20代が20%台、30代が30%台、40代が40%だから、(普通に考えると)18歳、19歳は10%になりそうじゃないですか。だから、どれだけの人が選挙に来るかは、みなさんのPR活動にかかっています」とプレッシャー(?)をかける東国原氏。さらに、「いいタイミングで出されましたね。参院選があることは決まっていたけど、棚ぼたで都知事選が来た。一躍脚光を浴びることになって、舛添さん様々じゃないですか!」と饒舌だ。

 しかし、選挙の投票率を上げるためのイベントとあり、まじめな話も。「記念投票とかもありますから、白票でもいいんです。気に入らない人しかいなければ」と元県知事。「若い子に政治行政に関心を持ってもらいというのがあって、2007年に宮崎県知事選に出た時も、それがひとつの目的だったんです」と話す。そして、P.A.R.M.Sでは毎日、出演アイドルの人気投票が行われていることを受け、「わ~、熾烈ですね。身が持たないわ。毎日選挙されたら。ファンのみなさんの中立公平な目線に晒されているんですよね。手が抜けないですね。ファンのみなさんが、(仮面女子を)大きくするんですね」と驚くと、「政治もそう。政治を育てているのは、有権者なんですよ。有権者の目がしっかりしていれば、いい政治が育つんです。同じことですね」とまとめた。

 アイドルと政治。一見、真逆の世界に見えるが、実は共通することがあったとは。ますます、秋葉仮面を応援したくなった!

■東大学士アイドル桜雪・参院選を語る!

 さて、さらに今回は選挙を深堀すべく、アイドル界で右に出るものはいない、学識豊かな秋葉仮面のリーダー・桜雪に直撃インタビュー。7月の参院選について占ってもらった。

――桜雪さんが見聞きした若者の投票率を上げる取り組みの中で、良い取り組みだと思ったものはありますか?

桜雪 総務省の「18歳選挙」のサイト(http://www.soumu.go.jp/18senkyo/)が、すごくかわいいんですよね、キャッチーで。ああいう、きれいなデザインとか、選挙ポスターを作れたり、「本能寺の変」の動画で有名なエグスプロージョンさんの「選挙権の変」という動画を上げていたりというのを、総務省の取り組みとしてやっているのが、すごく面白いです。「政治って難しい」という思い込みを覆す、キャッチーな展開を総務省がしているというのは、いいことだと思いました。

――桜雪さんは、若者が選挙に行くためにはどうすればいいと考えていますか?

桜雪 学校で、選挙ってこういうものだよと説明しなければならないと思いますが、選挙の説明以前に、政治について考える機会が、今の若者にはないんです。「自民党とか民進党とか、意味わかんない」とか、「ニュースになっていることが、どういうことだかわからない」という若者がすごく多いので、学校で模擬選挙を行う取り組みをして、親も積極的に選挙の話をすることが大事だと思いますね。

――では、今回の参院選の若者の投票率は上がると思いますか?

桜雪 全体的に上がると思います。今、舛添さんの問題があって、都知事選もやりますよね。ニュースで、すごく取り上げられていますよね。だから、まず選挙に関する関心が高まっているという状況があるんです。そして、さらに18歳に選挙権の年齢も引き下がります。今までの有権者にも、若者の投票率が下回るわけにはいかないという意識が生まれているはずなので、全体の投票率が上がるのではないかと思いますね。

――舛添元都知事が急きょ、辞職したことが、選挙に対する意識付けに功を奏した訳ですね。

桜雪 「なんでこんな人を選んだの?」という気持ちから、「選挙に行かなきゃ」という気持ちが生まれるのではないかと思います。

――今回の参院選の争点のひとつとして、アベノミクスの成果も問われると思います。街角景気☆仮面女子↑では、アベノミクスを応援していましたが、アベノミクスは成功したと思いますか?

桜雪 ある意味、株価も上がりましたし、不景気といわれていたところから脱却したという点では成功したのかなとは思います。でも、実際、トリプルダウンという効果はなく、上が潤ったから、それが下まで来て、街角の景気も上がるというところまではいきませんでした。私たちは、街角景気を応援するユニットなので、街角景気は潤わなかったという意味では、失敗かなと思いますね。

――では、国が今、優先的に取り組むべき課題は何だと思いますか?

桜雪 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)などは昨年、すごく話題になったので、日本の産業をどうして行くのかというのが、課題だと思います。でも、個人的には、子どもの教育や学習の施設、制度がもっと整えばいいなという思いがあります。待機児童たくさんいるので、そうした育児、教育を充実させた方がいいなと思いますね。

――最後に、今回の参院選の結果は、どうなると予想しますか?

桜雪 20代以下の投票は、20数%というのが現実的かと思いますが、私の希望としては、30%超えしてほしいですね。やっぱり、若者を意識した政治をしてほしいと思います。若者って、高齢層よりもすごくシビアに投票すると思うんです。どこを支持しているという強い信念がある訳ではないので、若者の票は、本当にフリーでどう動くかわからない票だと思っています。だから、いかに若者の支持を得るか、というのが大事になってきて、それは好感度だと考えているんですよね。好感度を気にする政治は、いいところも悪いところもあると思いますが、親しみやすい政治がもっと自然に作られていくのではないかと思います。

――好感度というところでは、タレント的な政治家もいますよね。そうした戦略はどう思いますか?

桜雪 有効だと思います。本当にメディアをうまく活用する政治家というのは、個人的には好きです。メディアに出て、自分の意見をはっきり言うという時点で、私はけっこう好感を持てます。有権者に対して、自分はどういう考えを持っているのかというのを、どうどうと宣言できるという時点で、いい人だと思いますね。逆に、たいしてテレビに出なくて、どういう考えを持っているのかわからない人が、党内や政治の世界で支持されて出馬してくる場合、どういう人なのかよくわからないと思う有権者はすごく多いと思うんです。そういう意味では、タレントまでいかなくても、メディアに対して、ちゃんと自分の考えを言えることは、政治家として、リーダーシップを持つ人として、大切だと思います。

――そういう意味では、東国原元県知事には、出馬してほしかったですね。

桜雪 あれだけ自分の意見をはっきり言える人には、出馬してもらいたかったですね。何を考えているのかわからない人が一番嫌いなので。舛添さんも説明しないじゃないですか。ちゃんと話ができる人が政治家としていいなと思います。
(取材・文/桜井飛鳥)

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

おたぽる

オタクに“なるほど”面白いい!アニメ、マンガ、ゲームなどの二次元の情報から声優やアイドルの三次元などオタク情報をすみずみまで配信します。

おたぽるの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 脱げるシンガーソングライター・藤田恵名、『アウトデラックス』でマツコからのアドバイスに大号泣
  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS