【インタビュー】さくらしめじ 「雅功さんはもう、素晴らしくて見習うべき存在」 1stミニアルバム制作で感じた成長と変化

お気に入りに追加


この春から高校生になるアコースティックデュオのさくらしめじが、1stミニアルバム『さくら〆じ』を3月22日にリリース。ライヴで披露しているものの音源化されていなかった楽曲を中心に構成、新たな表情も見せてくれている今作に詰まっているのは、情感豊かな歌声と温かな奏で、そして尽きない挑戦心。日々成長を続ける彼らが、ほわっと温かな空気感はそのままに、意欲作やお互いのこと、さらにこれからのさくらしめじを語る。

【さくらしめじサイン入りチェキ プレゼント企画開催】

19日〜21日に掲載されるランキング&インタビュー記事下に3つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

■“らしさ”と新たな表情が共存!今のさくらしめじが詰まった渾身作!!

――これまでのさくらしめじと、これからのさくらしめじが詰まった1stミニアルバム『さくら〆じ』。完成させた今、おふたりそれぞれどんな手応えがありますか?
田中 ライヴでやってきたお馴染みの「ひだりむね」に始まり、新曲の「ゆめがさめたら」まで、いろいろな表情を見せることができたなと思っていて。
髙田 「この1枚を聴けば、さくらしめじがわかるよ」っていう作品になりましたよね。

――ぐっと大人っぽくて哀愁感も漂うリード曲「かぜいろのめろでぃー」、ピアノロックな「おたまじゃくし」、EDMをさくらしめじ色に染め上げる「いーでぃーえむ」、卒業をテーマにした「ゆめがさめたら」など、新たな表情をたくさん見せてくれている作品でもありますが、それぞれにとって特別な1曲を挙げるとしたら?
田中 僕は「いーでぃーえむ」です。これまでのさくらしめじにはなかったようなタイプの曲だし、“これは衝撃作だな”と思っていて。

――タイトル通りEDMにがっつり寄せるのかと思いきや、あえての人力感でまた別の切り口を見せていますし。
田中 そうなんです。実は電子音はほぼ使っていなくて、口で言っていたり、生音を活かしているっていう。そして、サビ前に僕が歌うフレーズは特にこだわりまして。いつもの自分のように歌ったら絶対にこの曲に当てはまらないし、びっくりしてもらいたいなと思ったので、一度自分を捨ててみました。

――まさに思う壺でした(笑)。
田中 それなら良かったです(笑)。かと思えば、歌詞では枝豆のことを歌っているっていうギャップも、さくらしめじらしくていいんじゃないかなと思います。
髙田 僕は「かぜいろのめろでぃー」ですね。これまで僕たちが歌ってきた曲、特に「さんきゅう」「まよなかぴくにっく」という曲などでは、自分たち自身の“これからどうなっていくんだろうな”っていう気持ちを歌っているんですけど、「かぜいろのめろでぃー」は僕たちの楽曲で初めて、ほかの人の背中を押してあげられるようなものになっているし、自分に対して“このままでいいんだよ”と歌っている曲でもあって。コード進行もオシャレだし、すごくいい曲だなと思います。
田中 歌っていても元気が出るよね。

■大量のツナ缶に、突然の連れ去り!?忘れられない“夢”を告白!

――そして、今回の制作を通して、お互いの変化や成長も感じているのではないですか?
田中 それはすごくありますね。歌い方とか感情の込め方とか、これまでの彪我とは比にならないほどレベルアップしているなと思って、レコーディングで鳥肌が立つ瞬間がたくさんあったんですよ。中でも、「ゆめがさめたら」の2番のAメロは、ぜひみなさんに聴いてほしいポイントです!
髙田 あ、ありがとうございます!雅功さんも素敵でしたよ。さっき話に出た「いーでぃーえむ」のサビ前のフレーズ、本当にカッコ良かったし。ピッチ(音程)に注意しながらもより感情の込もった歌を歌っていたので、“おぉ!”と思いました。

――そう想い合えるって、本当に素敵なことです。なお、「ゆめがさめたら」にかけて、忘れられない“夢”ってありますか?
髙田 僕は、シーチキンにハマっていた時期に、大きなスロットマシンでツナ缶の絵が3つ揃うと、ツナ缶が大量に出てくるっていう夢を見たことがあって。寝ながらめっちゃ笑っていたらしいです(笑)。
田中 お母さんと僕が夜中にテレビでトマトの特集を観ていたら、突然僕の右腕がふわーっと上がって何かに連れて行かれそうになって。「助けて!」って言ったら、髪の毛の逆立ったお母さんが、「ハッハッハ!」って不気味に笑うっていう夢を、4歳くらいの頃に見ました。

――それは怖ろしい、もうトラウマですよね。
田中 もう、今でもはっきり覚えていますもん。あれは本当に怖かったです。

――では、「かぜいろのめろでぃー」に<君が君でいればいい>というフレーズがありますが、お互いにそう言ってあげたいところは?
田中 彪我ってしゃべるときに独特の間があって、会話のテンポ感がなかなか掴みづらいところがあるんですけど(笑)、それは彼の持ち味なので、そのままでいてほしいなって思いますね。
髙田 よ、良かったです(笑)。雅功さんはもう、素晴らしくて見習うべき存在なので……。
田中 どこがですか!?(笑)。
髙田 いやいや、本当ですよ。トークでも引っ張ってくれるし。あらゆる面で、今のままでいてくれたらいいです!

――すごい、全肯定!さて、たくさんの可能性を感じさせる素敵な作品『さくら〆じ』を踏まえ、これから高校生になるおふたりとしては、さくらしめじとしてどう活動していきたいですか?
田中 これまでやってきたことはちゃんと引き継いでいきつつ、これまでやったことのない曲、一歩オトナに成長したような曲にもどんどんチャレンジしていきたいなと。発表はしていないものの作詞・作曲をしていたりもするので、それをいつか形にしていきたいなとも思います。
髙田 うんうん。中学生から高校生になるわけで、これまでのさくらしめじのまったりした雰囲気も残しながら、オトナにレベルアップした姿を見せていきたいですよね。
田中 らしさは大事にしたまま、より多くの人にさくらしめじの音楽を聴いていただけるように、もっともっと表現の幅を広げていきます!

文/杉江優花


この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

ランキングBOX

ランキングエンタメ情報サイト『ランキングBOX』では、“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人や話題の人へ聞いた「MY BEST3」を紹介しています。オリジナル記事であるランキングインタビューをはじめ、エンタメやグルメ、美容などのトレンド分析やストレートニュースなども毎日配信中。

ランキングBOXの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!
  • 久松郁実、海での撮影は砂が「めちゃくちゃ水着に入ってくる」

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS