元KARA・ハラ、CM出演に「顔、変わった?」 日本カムバックにニコルの二の舞を危惧する声も

お気に入りに追加

ク・ハラ

 韓国の女性アイドルグループ・KARAの元メンバーのク・ハラが出演する、ロハス製薬株式会社の保湿フェイスマスク『オルフェス アクアモイスチャー シートマスク』のTVCMが8日から放映開始されたのだが、ネット上では、「顔、変わった?」「本田真凛ちゃんかと思った」などと、顔の変化を指摘する声が寄せられている。

「2007年に韓国で、10年に日本でデビューし、日本第1弾シングル『ミスター』(ユニバーサルシグマ)のヒップダンスが話題になるなど、高い人気を誇っていたKARA。その中でも特に、ハラは日本人ウケする可愛らしいルックスと美肌で注目を集めていました。現在もインスタグラムで頻繁にすっぴんを披露しては、その美しい肌が絶賛されているため、美容フェイスマスクのCMイメージキャラクターに起用されたのでしょう。ただ、今回のCMで久しぶりにハラの顔を見た人からは、『顔、イジッた?』と指摘する声も。整形疑惑がかけられることが多い韓国出身のアイドルのご多分に漏れず、ハラにも以前から整形を疑う声が飛び交っていましたから、今回も疑惑の目が向けられてしまっているようです」(芸能関係者)

 また、ハラは7月にソロ歌手として日本カムバックとなるアルバムのリリースを予定しているとのことだが、ネット上では「セールス惨敗するのでは?」「今さら感があるよね」などと厳しい意見が相次いでいる。

「KARAは14年の人気絶頂時、所属事務所との対立でチョン・ニコルとカン・ジヨンが脱退し、16年には事実上の解散となってしまいました。その後、ジヨンは知英という漢字表記に変えて、14年から日本でソロ歌手&女優として活動をスタートさせ、現在も第一線級の活躍を見せています。これは、KARAの人気がまだ高い時に、韓国ではなく日本を拠点にソロ活動を始めたことが功を奏したのでしょう。その一方で、脱退から少し間を空けて、15年から日本でのソロ活動を始めたニコルは、CDセールスに苦戦。昨年4月に発売した、日本での1stソロアルバム『bliss』(ビクターエンタテインメント)の初動売上も5千枚あまりと寂しい結果に終わってしまっていました。それだけに、このタイミングで日本での活動を再開するハラに対して、『ニコル以上に厳しい現実が待っているのでは?』と臆測する声が広まっています」(同)

 現在の日本の音楽業界は、AKB48グループの人気メンバーすら、ソロになった途端にCDセールスがガクッと落ちてしまう厳しい状況なだけに、ハラが苦戦を強いられる可能性は高い。ニコルの二の舞いとなってしまうのか、あるいはジヨンのようにトップクラスの活躍を見せてくれるのか気になるところだ。

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

おたぽる

オタクに“なるほど”面白いい!アニメ、マンガ、ゲームなどの二次元の情報から声優やアイドルの三次元などオタク情報をすみずみまで配信します。

おたぽるの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

KARA

結成年月日2007年3月29日(10年)

KARAの関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【必見!】深キョン、“濡れ髪ヘアバンド姿” で夜のリラックスタイムを伝授
  • 「1000年に一度の童顔巨乳」浅川梨奈、セカンド写真集『NANA』を発売
  • 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」
  • 仲里依紗、キュートな「ブラ姿」を披露 今年のバレンタイは…?
  • 『ポプテピピック』上坂すみれ、2年ぶりのライブ演出は「飲んでから考える」
  • アラサーグラドル・金山睦、ボリューム満点のDVD「ご想像にお任せします!」
  • 白石若奈「私の良さが出せた!」 DVD『私、脱いだら凄いんです』発売記念イベント
  • “エロすぎるジャズピアニスト” 高木里代子、「うる星やつら」ラムちゃんコスプレで演奏を披露
  • 欅坂46・平手友梨奈、理想の1日は「ゴロゴロ」と「散歩」

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS