遊助インタビュー “マイナスとプラスをくっつけた” 「サヨナラマタナ」

お気に入りに追加

ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(TBS系)での好演が光った上地雄輔。

役者としての顔から一転、アーティストとしての遊助が19枚目のシングルを7月1日にリリースする。普段想っていたも言えなかった想いを後から「言っておけばよかった…」と後悔しないように…という遊助らしい切なくもあたたかいメッセージの詰まった本作について話を聞いた。(インタビュー&文:吉田可奈)

 

 

今、ある大事なことや、大事な人にはしっかりと今の気持ちを伝えよう

―この曲作りは、どんなイメージからスタートしたんですか?

「自分の中に、鼓笛隊や吹奏楽のような、大勢の人が楽しそうな音楽を鳴らしているイメージがあったんです。そのイメージを作曲家さんに伝えてから完成したサウンドはとてもポジティブで素敵なものだったんですが、少し切なさも感じて。そこで、大事な人にメッセージを伝えられなくなってしまった人の絵が浮かんだんです」

―だからこその、このメッセージが詰まった歌詞になったんですね。

「うん。曲自体は明るくて可愛いんだけど、そこにただ楽しい歌詞を当てはめるのではなくて、切ない現実を受け止めながらも、最後には背中を押すような歌詞にしようと思って歌詞を書き始めました」

―遊助さんの歌詞で、悲しいものというのは珍しいですよね。

「それ、よく言われる。俺はこの曲もポジティブに書いているつもりなんだけどね。でも、むちゃくちゃ離れてしまった友人や、おじいちゃんやおばあちゃんなどの亡くなってしまった人たちに“伝えておけばよかった”ということはあると思うんだよね。でも、もう相手の人がいなくなってしまったら、それは取り返しのつかないこと。そうならない前に、照れくさくても、なにかしら表現した方がいいと思うんです。この曲を聴いて、今、ある大事なことや、大事な人にはしっかりと今の気持ちを伝えようと思ってもらえたら嬉しいですね」

―遊助さんは、普段から気持ちを素直に伝えられているタイプのように感じていたのですが……。

「伝えている方だと思うよ。でも、それでも100%伝えられている人なんていないと思う。失ったときに、“言っておけばよかった”と思う人だらけだと思うんだよ。失わなくちゃわからないことっていっぱいあるからこそ、さみしいけど、それを少しでも少なくしていく作業が大事。その手助けになったらいいな」

 

 

“さよなら”だけだと寂しいけど、“またな”がつくとポジティブになる

―タイトル「サヨナラマタナ」には、いろんな意味が含まれているような気がしました。

「“さよなら”だけだと寂しいけど、“またな”がつくとポジティブになるよね。マイナスとプラスをくっつけたものにしたかったので、このタイトルにしました」

―サウンドでのこだわりはどんなことでしたか?

「曲自体の味がしっかりしていたので、シンプルさを大事にし、あまり手を加えなくていいかなと思ったんです。この曲をライヴでやるときに、どう展開していくかがいまから楽しみなんですよね」

―MVはどんなものに仕上がっているんですか?

「今話題のドローンを使いました。実は3年ほど前にもMVで使用したことがあったんですが、当時はまだ性能があまりよくなくて、画質も悪く、撮影途中に木に引っ掛かっちゃったりしたんですよ。なので、撮影前は不安だったんですが、この数年でのドローンの進化はすごくて、画質もいいし、ヘリで撮影しているんじゃないかと思うくらい素晴らしい映像が撮影できるようになっているんです」

―イメージしていた映像はどんなものだったんですか?

「草原や広い世界観で撮影したかったので、その通りになったと思います。さらに、影絵をつかい小さな子どもが成長していく様を物語のように展開させていくんです。可愛らしさと切なさが同居したものになったと思います」

いつまでも青春はできるし、いつまでも青春してほしい

―そして、いつも力を注いでいるカップリング陣ですが、今回もすごく豪華ですね。

「ありがとう。『青春』に関しては、ずっとこのテーマで歌詞を書きたかったんですよ」

―すごく素敵なメロディに、『キャッチボール』をほうふつとさせる歌詞が印象的でした。

「あ、たしかに世界観は似ているかもね。いつも俺のライヴに来てくれる人たちって、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまですごく世代が広いんですよ。そんな人たちがみんなでいい顔をしてくれるから、その笑顔をみていると、“みんな青春しているな”って思えるんです。青春って聞くと、10代や20代のことかと思われがちだけど、いつまでも青春はできるし、いつまでも青春してほしい。そんなメッセージをこの曲で伝えたかったんです」

―“予想通りにはいかないけどわかっていたつもり”“などという歌詞は、遊助さんらしいなと思ったんです。

「俺は役者もやっているからこそ、役者をベースに歌詞が書けないかなと思ったんです。俺はステージに立っているし、画面の中にいるからいろんな役をするからこそ思うことがあるんです。それは、俺の立ち位置はここにあって、みんなの立ち位置も、その人にしかいられない立ち位置だということ。○○のお母さん、○○の彼氏、バスの運転手さん、店員さんどんな人にも、誰かにとってのすごく大事な人。誰かが生きたかった今日をあなたは生きているからこそ、どう生かすも殺すもあなた次第ですよというメッセージを込めました」

遊助のライヴに来る人は、ちょっとやそっとじゃビックリしないし、満足してくれない(笑)

―続く『チャンピオン』はライヴで盛り上がりそうな曲ですね。

「この曲はまさにライヴで騒げる曲を作りたいと思って作りました。ライヴも夏にやるしね。まだセットリストは決まっていないけど、みんなで歌えたら嬉しいな」

―この熱さはライヴでもキー曲になりそうですね。

「そうだね。ボクサーがリングに向かうようなイメージで歌っているので、そんな絵をイメージしながら聞いてもらえたら伝わりやすいと思います」

―『僕の魔法使い』は、一転、ドリーミーな曲ですね。

「この曲は、本当の愛ってなんだろうって考えながら作りました。今はまだ言えないんですが、ライヴでいい立ち位置の曲になるんじゃないかな」

―すべてが夏のツアーにつながっていそうですね。

「うん。今から、どうやってみんなを喜ばせようかと考えています。遊助のライヴに来る人は、ちょっとやそっとじゃビックリしないし、満足してくれないんですよ(笑)。その期待に応えられるようなライヴができるよう準備をしていくので、ぜひ楽しみにしていてください!」

遊助 リリース情報

初回生産限定A

初回生産限定B

通常盤初回仕様

サヨナラマタナ

7月1日発売

初回生産限定A(間違い探し仕様・写真上):SRCL-8819~20 \1,713(税抜)
初回生産限定B(間違い探し仕様・写真中):SRCL-8821~22 \1,713(税抜)
通常盤初回仕様(写真下):SRCL-8823 \1,204(税抜)

■収録内容
【初回生産限定A】
M1:サヨナラマタナ
M2: 青春
M3:チャンピオン
M4:サヨナラマタナ-Instrumental-
DVD:①「サヨナラマタナ」Music Video ②「サヨナラマタナ」Music Videoメイキング映像

【初回生産限定B】
M1:サヨナラマタナ
M2: 青春
M3:チャンピオン
M4:サヨナラマタナ-Instrumental-
DVD:①ひまわり荘 ②「青春」Music Video

【通常盤初回仕様】
M1:サヨナラマタナ M2:青春 M3:チャンピオン M4:僕の魔法使い
※トレーディングカード(4種のうち1種ランダム封入)

遊助 コンサートツアー2015

2015.07.13(月) よこすか芸術劇場
2015.07.14(火) よこすか芸術劇場
2015.07.19(日)グランキューブ大阪
2015.07.20(月) グランキューブ大阪
2015.07.25(土) 福井フェニックスプラザ
2015.07.30(木) 国際フォーラムホールA
2015.08.01(土) 神奈川県民ホール
2015.08.02(日) 神奈川県民ホール
2015.08.15(土) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2015.08.16(日) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2015.08.22(土) 福岡サンパレスホテル&ホール
2015.08.23(日) 福岡サンパレスホテル&ホール
2015.08.28(金) 仙台サンプラザ
2015.08.30(日) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2015.09.04(金) 広島文化学園HBGホール
2015.09.06(日) 倉敷市民会館
2015.09.11(金) グランキューブ大阪
2015.09.12(土) グランキューブ大阪
2015.09.19(土) 大宮ソニックシティ大ホール
2015.09.20(日) 大宮ソニックシティ大ホール
2015.09.23(水) NHKホール
2015.09.24(木) NHKホール
2015.09.26(土) 神戸国際会館こくさいホール
2015.09.27(日) 神戸国際会館こくさいホール

遊助オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

遊助

生年月日1979年4月18日(39歳)
星座おひつじ座
出生地神奈川県横須賀市

遊助の関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS