氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~ [9月14日(日)千葉県・袖ケ浦海浜公園]

お気に入りに追加


  • 氣志團

  • チームしゃちほこ

  • 森高千里

  • GRANRODEO

  • the GazettE

  • RIP SLYME

  • VAMPS

  • 黒夢

  • 和田アキ子

初日に続き、文句なしの快晴に恵まれた氣志團万博2日目。朝からテンションの高いファンの歓声でオープニングアクトとして登場したのは、観客に負けない元気いっぱいのステージを見せたチームしゃちほこ。和太鼓に誘われてステージに登場すると、「ザ・スターダストボウリング」「乙女受験戦争」とアッパーな曲にファンがコールを合わせ、強烈な盛り上がりを見せる。初日に続き、森山直太朗が開会宣言を行い、いよいよ幕を開けた氣志團万博2日目。一発目に登場したのは、森高千里。ドッシリしたバンドサウンドをバックにキュートな美声を聴かせる。「ロックン・オムレツ」、「私がオバさんになっても」、「ララ・サンシャイン」と次々に名曲を披露。「氣志團と対バンということで、赤で決めてきました」と笑顔を見せる彼女に、「可愛い!」と声が上がり、<一曲やってよ かっこいいやつ>と、氣志團にエールを送るように歌った「テリヤキ・バーガー」で締めくくる。

氣志團万博2日目。ヘヴィなバンドサウンドの競演

ヘヴィなバンドサウンドとKISHOWのどこまでも伸びるハイトーンで観客を圧倒したのはGRANRODEO。「The Other self」で勢いよくライヴをスタートすると、「こんにちは、アニソン界からの刺客です」とKISHOWが苦笑。綾小路が彼らを絶賛した煽りVTRを受けて、「ハードルアゲアゲで潰しにきてるな、と途中から気付きました」と語るe-ZUKAとKISHOWの掛け合いがなんとも面白い。「ここからギアを上げて最後まで突っ走っていきましょう」と「偏愛の輪舞曲」で始まった後半戦、ラスト「modern strange cowboy」では<袖ヶ浦cowboy 氣志團cowboy>と歌詞を変えて歌い、会場を大きく湧かせる。

青空が広がる野外会場を漆黒の闇に染め上げたthe GazettEのステージは、激しく重厚なサウンドとRUKIの妖艶な歌声に、観客のヘドバンがフィールドに波を打つ。黒ずくめの衣装を指し、「私たちの敵(太陽)が当たってるもので、黒を着る気はなかったんですが、やっぱり正装なので」と笑うRUKI。途中、音が出なくなるトラブルをファンの大合唱で乗り切るという、ライヴならではの美しすぎるシーンもあり、ライヴが進むほどに会場には一体感が生まれていく。ラストは「一緒に行こうぜ、ピリオドの向こうへ」と「Filth in the beauty」で、バンドも観客もそのまま燃え尽きるほどの盛り上がりを見せる。

万博初登場のRIP SLYMEと連続参戦のVAMPS

「やっとです。やっと念願の氣志團万博に出ることが出来ました!」とRYO-Zが満面の笑みで出演の喜びを語ったRIP SLYMEは、「万博にピッタリの曲をやってもいいですか?」と始まった「楽園ベイベー」のフェスバージョンなど、万博仕様のセットで観客を思い切り踊らせる。「俺たちの中で一番の高速ビートを持ってきたぜ!」と披露した「watch out」、「今夜が熱い夜になりますように」と披露した「熱帯夜」など、観客の気持ちを心得たような心地よい流れで会場中を踊らせ、ラストは「joint」のタオル回しで一体感を生む。

氣志團万博は1回目から参戦し、今年で3度目の登場となるVAMPSは、“軽く世界水準越え”と綾小路も唸る圧巻のバンドサウンドに乗せて、HYDEが美しくたくましい歌声を聴かせる。フラッグを肩に乗せたHYDEが、「また来ちゃったよ。木更津中毒かもしれない」と微笑み、「ピリオドの向こうへ行かないか、二人きりで」と始まった「AHEAD」や「GET AWAY」「GLAMOROUS SKY」など、盛り上がり必死のライヴ人気曲を次々と披露し、鉄壁の歌と演奏、パフォーマンスで観客を魅了。ラストは「SEX BLOOD ROCK N'ROLL」でフィールドをめちゃくちゃに掻き回して、ステージを後にする。

続く黒夢は、「SICK」「後遺症-aftereffect-」と序盤からハードでスリリングなパンクチューンを立て続けに披露し、攻撃的で殺気立ったステージで観客を圧倒。MCでは「(黒夢を)知ってる人も知らない人も、ロックをプチ体験してもらえると幸いです」と語り、「ガウラーー!(袖ケ浦)」と繰り返し叫ぶ清春。ヘヴィでエッジィな「mind breaker」に続き、アコギを背負って歌った「少年」は真っ赤な夕暮れ空と最高にマッチしていて、その歌声が聴き手の胸にグッと迫ってきた。

フェス初登場の和田アキ子! そして“房総乃風”で最高潮に

観客の歓声とどよめきに迎えられ、パンキッシュな衣装で登場したのは、フェス初登場となる和田アキ子。「古い日記」で始まったライヴは、<あの頃は>の歌詞に会場中が“ハッ!”と合いの手を合わせ、一曲目から尋常でない盛り上がりを見せる。「野外は初めてで緊張してるけど、とっても楽しみにしてきました。良い思い出作ろう!」と語ると、「笑って許して」「真夏の夜の23時」とソウルフルな歌声で、自身の代表曲を次々と披露。「タオルを振ってもらうために、この曲を用意しました」と、C.C.R「Proud Mary」のカバーを歌い、会場中がタオルを回す光景に嬉しそうな表情を浮かべると、「今日いるみんなに希望の鐘が鳴るように、気持ちを込めて歌います」と、ラストは「あの鐘を鳴らすのはあなた」を気持ちいっぱいに熱唱。優しく力強い歌声が会場を包むなか、「気持ち良かったー!」と最高の笑顔を見せてステージを去った。

2日目のトリを飾ったのは氣志團。すっかり陽も落ち、涼しい海風が頬をかすめる会場に和太鼓の音が響き、ステージを埋める踊り手、巨大神輿の登場で始まった熱いステージは、「房総大パニック!超激突!!」「鉄のハート」と勢いのある楽曲で前半戦を飛ばす。「イマジン、想像してごらん。このメンツの中でトリを務めるのが、どんなに大変なことか?」と、自虐的に語り笑わせた綾小路。微熱DANJIと大人数のダンサーを引き連れた賑やかなステージで沸かせた「SUPER BOY FRIEND」、水着姿の女性ダンサーたちがセクシーに派手やかに魅せた「SUPERSTAR」と、トリのステージをお祭り騒ぎで盛り上げ、ラストは「One Night Carnival」で会場中を踊らせて本編の幕を閉じる。

アンコールの声に再登場した氣志團。「夏といったら、この曲しかないでしょう!」と綾小路が叫ぶと、スクリーンに“房総乃風”のロゴが映り、湘南乃風「睡蓮花」のイントロが流れる。綾小路のボーカルに始まり、5人のマイクリレーで歌う「睡蓮花」の完コピに観客のタオルが回り、「最高~!」と叫ぶ綾小路。すると「本当に最高なのか?」とドスの効いた声がパフォーマンスを遮る。ステージ後方から登場したのは、なんと本物の湘南乃風! 予期しなかったサプライズに、フィールドから歓喜の声が上がるなか、「俺たちの大事な歌を勝手に歌いやがって!」と、ステージに降りて来た湘南乃風の4人。「本当の最高を見せてやるよ!」と始まったのは、氣志團+湘南乃風による「睡蓮花」。圧倒的な迫力を見せるステージパフォーマンスに会場中がタオルを振り回して大熱狂し、この日も最高潮の盛り上がりの中、全てのアクトが終了。ステージ裏から終演を告げる花火が上がり、氣志團万博2日目が大団円で幕を閉じた。

(文/フジジュン 写真/青木カズロー 釘野孝宏 中野修也)

氣志團万博初日へ
氣志團万博3日目へ

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 下着姿でフットボール?『フリンジマン』“セクシーすぎる”イメージカットを公開
  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS