JY(ジェイワイ)、月9主題歌「好きな人がいること」リリース![インタビュー]

お気に入りに追加

2016年3月にソロアーティストJY(ジェイワイ)としてシングル「最後のサヨナラ」でデビューした女優の知英(ジヨン)。「最後のサヨナラ」が主題歌だったドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」にもレギュラー出演し、現在まで、シンガー、女優として華々しい活動を行っているのは、ご存じのとおり。

8月31日にリリースの新曲「好きな人がいること」も、現在放映中のフジテレビ月9ドラマ「好きな人がいること」主題歌に大抜擢。配信サイトでも軒並み上位にランクインし話題を呼んでいるこの曲についてインタビューした。

JY

JY

ドラマ主題歌決定はサプライズ。「もっと早く教えて(笑)」

─「好きな人がいること」は、月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌として今話題ですが、この曲はドラマの主題歌にということで書かれたんですか。

「いえ全然(笑)」

─え?全然?

「はい。最初は私自身はドラマの主題歌にということは聞いていなくて…。レコーディングの最後に、スタッフさんからサプライズで『実は月9のドラマ主題歌に決まったよ』と教えてもらったんです」

─意外です。歌詞を読むと、恋や人生に前向きに頑張る姿が描かれていて、ドラマにぴったりだと思っていたので。

「歌詞を書く時にこういうふうにしたら?というオーダーはありましたけど、ドラマに関しては全然知りませんでした。ただ、私自身、前向きに生きようっていうのを心掛けているのでそれを伝えたいというのもありましたし、JYから聴く人への応援ソングみたいな…聴いた方が前向きになれるようなものにしたいというのはありました。もちろんベースは恋愛ソングというのがあったんですけど、“人生は後悔ばかり”とか“泣いて笑って”とか、働いている人たちにも共感していただけるんじゃないかなと思います」

─スタッフの方から、ドラマ主題歌に決まったと知らされたときはどんな気持ちでしたか?

「嬉しかったけど…えー!?もっと早く教えてって思いました(笑)。主題歌に決まったって聞いた時は“本当に!?嬉しい!どうしてもっと早く教えてくれなかったの”ってなりました(笑)」

─あはは。喜ばせようと思ってサプライズにしたんでしょうけど(笑)。歌詞の話に戻ると、どうしてあんなにそっけなくしちゃったんだろうとか、好きな人の前だとうまくいかないとか、恋している最中の女の子だったら、絶対に経験したことがある気持ちが描かれているなと思いました。

「そう思ってくださったら嬉しいです。恋している女の子だったら共感できると思います」

─レコーディングで苦労したことはありましたか。

「結構、歌詞がたくさん変わったんですよ。すごく良い歌詞でも歌ってみたら響きがあまりよくなくて変えたり…あと、私もまだ日本語で歌詞を書くのに慣れていないので苦労しましたね」

─ちなみにJYさん自身は恋していると頑張れちゃうタイプですか。

「う~ん…かもしれないです。恋じゃなくても何かに夢中になると頑張れるタイプなので…」

─ドラマはご覧になりましたか。

「はい!自分の曲が流れてる!と思ってすごく嬉しかったですし、月9の主題歌に選ばれるなんてすごく光栄なことだと思っています」

 

 

写真家・蜷川実花氏の手によるミュージックビデオ

─MVも公開されましたが、ジャケット写真同様、蜷川実花さんが監督なんですね。

「そうなんです。実花さんとは雑誌の撮影などでは何度もご一緒したことがあるんですが、ムービーは今回が初めてでした。実花さんはすごく早い方でした。もちろんセットとか色とかすごくこだわる方なんですが、一回決まるとあとはすごく早かったですね」

─MVの中でJYさんのお気に入りシーンを教えてください。

「最後の海と夕日ですね。あと、実花さんの色の使い方とか流れとか本当に曲に合わせて作ってくださったんだなーって改めて思いました」

─私はドーナツのシーンも可愛らしくて好きです。

「(笑)あれは“嬉しそうに食べればいいよ”って言われたんです。ちょっと悩んで食べてって」

─曲に合わせた振り付けもありますね。

「目隠ししたりですね。あれは全部自分で考えました!今まで見せたことのない姿もMVの中には入っているのでいろんなJYを楽しんでいただけたら…」

カップリングの「Hello Mr.」は強い女性。山口百恵のカバーにも挑戦

─カップリングの「Hello Mr.」はどんな曲ですか。

「この曲はちょっと強い女性っていうか、はっきりしない男性に“早く告白してよ!待ってるんだよ”っていうイメージです。最近よく“草食男子”って言うじゃないですか。これはそんな男性に送る曲です(笑)。やっぱり男性はしっかりしているほうが良いですよね?」

─確かに。そして3曲目には山口百恵さんの「夢先案内人」が収録されますね。これはどういういきさつで決まったんですか。

「山口百恵さんは日本に来てから知ったんですけど、すごく好きで普段も聴いています。なのでこの『夢先案内人』も自分でこの曲がいいなって決めたんです。百恵さんの曲っていっぱいあるじゃないですか。でもこのシングルに収録するならこれが一番ぴったりだなと思ったんです」

─前回のシングルには「オリビアを聴きながら」のカバーが収録されていて。このカバーシリーズは続いていきますか?

「続けてはいきたいです。やっぱり自分は日本人じゃないから、日本の曲を知りたいし、日本のヒット曲を歌うのは勉強になるので」

─さて、最後にJYさんがやってみたいことは? このシングルが発売される頃は夏の終わり…とはいえまだ暑い頃かもしれないですが。

「暑いの苦手なので、どこにも行かずに家でゴロゴロしてスイカ食べたりしたいです(笑)…ごめんなさい、この答え、普通すぎちゃいましたね(笑)」

JYの関連記事をもっと読む

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • プレミアムフライデーは「おうちシネマ」

人気の画像

  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • メジャーデビューのNGT48メンバーが『My Girl vol.17』で総力特集 中井りか “水着姿”を披露
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 稲村亜美、事務所の先輩・どぶろっくから下ネタ洗礼「“WBC”は出さない」
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント
  • 岡田結実、ファースト写真集を誕生日の4月に発売
  • 放プリ・小島まゆみが変形水着姿、城崎ひまりがメイド水着姿を披露 『まゆみん色の恋』『プリンセスの秘密は』
  • 叶美香、セクシーすぎる「すーぱーそに子」に絶賛の声

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

Twitter投票受付中

SNS・RSS