家入レオ、デビュー5年を刻んだベストアルバム『5th Anniversary Best』リリース【インタビュー】

お気に入りに追加

17歳、ヒリヒリするような10代の叫びを代弁した「サブリナ」でデビュー。20代になり、ドラマ主題歌として大ヒットした「君がくれた夏」で、“尖った感性”という呪いから解放された家入レオ

自由の翼を手に入れ“自信”に満たされた彼女が、デビュー5周年という節目に、これまでの歴史をコンパイルしたベスト盤『5th Anniversary Best』をリリース。彼女の口から語られる、これからの“未来”とは?(インタビュー&文:坂本ゆかり 撮影:山内洋枝)

家入レオ

家入レオ

いつもその時の自分の精一杯で曲を作ってきたから、後悔はありません

─2月15日、丸5年の節目にベスト盤を出すというのは計画していたもの?

「予定していたものじゃなかったんです。最初は、ベスト盤の話も二つ返事でOKできなくて……。ずっと“オリジナル”にこだわってきたから、これから私を知ってくれる子たちが、ベスト盤1枚で完結しちゃうんじゃないかって不安があったんです。」

─あ~、レオちゃんらしい、真面目!

「でも、節目ってみんなでお祝いするものじゃないですか。だったら、これまでの5年を支えてくれたみんなが喜んでくれる作品にしようと考え直して、リリースすることにしました」

─最新曲「それぞれの明日へ」からデビュー曲「サブリナ」まで、5年間の全シングルを遡ってゆく構成のアルバムになりましたが、改めてこれまでの自分の曲を聴いて、どんな印象を受けましたか。

「すごく誇らしい気持ちになりました。過去に遡る曲順にしたのは、昔の私の声を最初に聴くと、ビックリしちゃうんじゃないかと思って。「サブリナ」って、17歳のときのデビュー曲ですけど、実は15歳のとき、7年前に録ったテイクを使っているから」

─15歳からの声が入っているとのことですが、ボーカルを「今の声で録音し直したい」という曲はありますか?

「1曲もないです。それもあって、誇らしい気持ちになるのかな。いつもその時の自分の精一杯で曲を作ってきたから、後悔はありません。それがすごく自信になっています」

─「自信」って言葉が出てきました。ずっとインタビューをさせてもらっているけど、今のレオちゃんからは「自信」しか感じないんですよ。二十歳まで、「不安」を口にすることも多かったじゃないですか。でも、「君がくれた夏」以降のポジティブな家入レオは、「自信」に溢れてる。呪いが解けたみたい(笑)。

「もちろん、不安は未だにありますよ。根本はすぐに変われないから。でも、積み木を一個一個積み上げてきたっていう自負はあるし、世界が広がったことで楽しくなってきたのは確かです。10代の頃は音楽しかやっちゃいけないと思ってたから、切り詰めた感じの曲になっちゃってた。そういう部分は見せなくてもいいんだってわかってからは楽しくなりました」

「レオちゃん、13歳のときに戻ってたよ」って言われました(笑)

家入レオ

─1曲目の「それぞれの明日へ」は新曲ですが、お正月に「第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌」として決勝戦の埼玉スタジアムで歌っているレオちゃんをテレビで見たんですけど、ちょっと神々しい感じさえしたパフォーマンスでした。

「私にも特別な体験だったんです。これから決勝戦が始まるスタジアムの中心に立ったら、緊張とはまた違う、感電みたいなビリビリした感じがして。自分の仲間、自分の子供、自分の好きな人、いろいろな人に対する“想い”が伝わったというか。そんなパワーをあびたから、あの日にしか歌えない「それぞれの明日へ」になった。ステージとは全然違う感覚でした」

─試合をするのは、高校生。デビューした年頃ですよね。

「高校生って思えなかったです。まさに“選手”でしたね。結果は5対0だけど、両チームとも最後まで1点を取ろうとする気迫がすごくて、人間の本質を感じだというか。応援歌を歌った私が逆に、エールをもらいました。作るときには、“今、何かに対して頑張ってる人に、私が言える事ってなんだろう”、“何で頑張れるんだろう”って考えてたんです。ただ“ガンバレ!”って言うのは私らしくないと思って、“もう1度立ち上がるためには何を歌えばいいのか”を突き詰めて作った曲です」

─レオちゃんは、何で頑張れるの?

「やっぱり、音楽が一番好きだから!」

ベストアルバムの特設サイトに、収録曲1曲ずつのセルフライナーが掲載されているので、そこにない、ボーナストラックのお話をきかせてください。まず、「僕たちの未来 (Special Version)」ですが、アレンジもかわいくて、リラックスした感じで歌ってますね。

「この曲は、ライブで育ててもらった曲。みんなに育ててもらった曲を歌い慣れた今、もう一度音源という形にしてみたくて。普段のレコーディングでは、すごくピッチ(音程)に厳しいんですけど、この曲は、細かいピッチは気にせず、ライブ感を活かしたものにしました。12月10日に国際フォーラムでライブをやって、ノドが疲れ切ってたけど、12日に録音したんです。幸か不幸か、ライブの気持ちが残っているテイクになりました(笑)」

─そして、13歳で初めて作った曲、「I promise you」。ついにこの曲が、CDに!

「これも、すごく葛藤があったんです。ずっと入れたくなくて、抵抗してた(笑)。自分の中で出せるクオリティじゃないんだけど、取材でもよく話してる曲だし、みんなに喜んでもらえればと思って踏ん切りをつけました。今聴くと、青いですよね。日記を読まれてる感じ(笑)」

─ギター1本での弾き語りですが、アレンジしなかったのは、ナゼ?

「飾りつけると違う方向に行っちゃいそうで。生まれたままの状態が、一番刺さる気がしたんです。メロディも歌詞も、13歳の私にしか書けない曲。シンプルな方がいいと思いました。レコーディングしてるときの姿を見たスタッフさんに、“レオちゃん、13歳のときに戻ってたよ。小さくなってた”って言われました」

10周年までの5年を、デビューからの5年と同じスピードでは走れないから…

家入レオ

─デビューからの5年間でいちばん印象に残ってることは何ですか。

「最初の3枚、「サブリナ」、「Shine」、「Bless You」までって、高校に通いながら活動してたんですけど、今思うと、よくやってたな~って(笑)」

─歌に集中できるようになった今は、負担は減っているのかな。

「でもその分、制作に集中しなきゃいけないって思って、自分を追い詰めちゃったりしてますね。ふたつのことを同時にできるタイプじゃないし、やってることに集中しすぎちゃうから」

─仲良しの大原櫻子さんや藤原さくらさんは、女優とアーティストの二足のワラジを履いていますけど、レオちゃんは他のことをやってみたいと思わない?

「興味はありますね。それが演技なのか何なのか、わからないけど。これまで、最高の5年間を送ってきました。たくさんのチャンスをもらって頑張ってきたから、今の自分があるんです。でも、10周年までの5年を、デビューからの5年と同じスピードでは走れない。人間的に傷ついていろんな世界を知って、成長するものじゃないですか。新しい曲を作るために、もっといろんなことにトライする時間が必要なのかとも思います」

─歌のためのチャレンジしたい、と。

「音楽の仕事じゃなくても一生懸命やるのはもちろんだけれど、結局、“やっぱり音楽が好き!”ってところに戻ってきちゃうんですよね(笑)。曲を作るために恋愛したり、どこかに行ったりするわけじゃないけど、結局、すべて戻ってきちゃうんです」

今の私は、自信を持って武道館に臨めます。音楽で感謝を伝えられるといいな

─3月12日にはその仲良しの女子たちで、「ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ×大原櫻子×藤原さくら」という企画ライブも。

「三者三様のメンバー(笑)。それぞれにリスペクトを抱いている同世代。キャラがぜんぜんカブってないのも面白いですよね。実は、昨日も藤原さくらちゃんと一緒に飲んでたんです。あまり自分から声をかける方じゃないんだけど、さくらちゃんはデビューの頃から気になってて、“会いたい!”って言ってたらレコード会社のスタッフさんを介してLINEを教えてもらって、仲良くなりました」

─家入先輩に呼び出される、藤原さくら!

「そういうのじゃなくて!(笑)会ってみたら、思っていた通りの子でした。福岡にいるときに、私のアルバムを買ってくれて聴いてくれてたのもうれしかったし。お正月に福岡に帰ったときも、さくらちゃんの実家に遊びに行ったんですけど、お父さんが音楽好きで、“この家族ならあの音楽になるな”って思いました。でも、同世代の同志がいるっていいですよね。お互いどこか意識してて、それがそれぞれの音楽に還元されてゆく。このライブも、誰かに言われたことじゃなく、3人で思いついたことをやろうって話しているところです」

─そして4月30日には、デビューのときから目標として掲げてきた武道館、「家入レオ 5th Anniversary Live at 日本武道館」がありますが、シングル曲が中心の構成に?

「急がなくて良かった。今の私は、自信を持って武道館に臨めます。音楽で感謝を伝えられるといいな。でも、武道館はゴールじゃなくて、あくまで通過点。まだまだ、やることはありますから(笑)。普段のツアーでは昔のシングル曲を歌う機会がなかなかないし、聴きたいっていう声もいただくので、シングル曲はできるだけ歌えるといいなと思っています」

─5周年という一区切りを迎えますが、これからの5年も楽しみにしてますね!

「とりあえず、流れに身を任せ、今を一生懸命やっていくスタンスは変わらずにいたいです。未来のこと考えても、過去を振り返っても始まらないから!」

ベストアルバム『5th Anniversary Best』をリリースする家入レオにきく「5つのMY BEST」

ベストアクト

最近だと、高校サッカーですね。テレビで見るのとぜんぜん違っていました。スポーツって努力しただけじゃダメじゃないですか、何が正解なのかわからないし。まさに、真剣勝負の場。スポーツを生で見る機会ってあまりなかったけど、音楽に似たものを感じたし、たくさんのインスピレーションをもらいました。

ベストミュージック

やっぱりこれは、尾崎豊さんの「15の夜」ですね。ちゃんと聴いたのは、13歳の時で、“この人って、生きにくい人だろうな”って思いました。それでもまっすぐ行っちゃうのが、カッコよかった。

ベストフレンド

福岡時代からの友だち。大人になると友だちって選べるけど、学校の友だちってケンカしても毎日会わなきゃいけないもの。そういう中で育まれたものは強いし、一緒に成長してきた時間がある相手って、落ち着けますよね。

ベストプレイス

(即答で)家!  すごく好き。休みの日は外に出ないで、家で本を読んだりしながらダラダラしたい。1日中パジャマで過ごしちゃう(笑)。

ベストタイム

お酒を飲んでる時かな? 飲んで騒ぐっていうんじゃなくて、お酒の場って言えなかったことが言えたり、いろいろなことが完結する場だと思うんです。恋愛にも、お酒って絶対に必要!

家入レオ リリース情報

5th Anniversary Best

初回限定盤A

5th Anniversary Best

初回限定盤B

5th Anniversary Best

通常盤

5th Anniversary Best

2017年2月15日発売

初回限定盤A(CD+DVD):VIZL-1097 ¥4,900(税抜)
初回限定盤B(CD+DVD):VIZL-1098 ¥3,900(税抜)
通常盤(CD):VICL-64706 ¥2,900(税抜)

CD収録曲
01. それぞれの明日へ 02. 僕たちの未来 03. Hello To The World 04. 君がくれた夏 05. miss you 06. Silly 07. for you 08. 純情 09. チョコレート 10. 太陽の女神 11. 君に届け 12. Message 13. Bless you 14. イジワルな神様 15. Shine 16. サブリナ[Bonus Track]
17. 僕たちの未来 (Special Version) 18. I promise you(初回限定盤A/Bのみ収録)
※M18は初回限定盤A/Bのみ収録、通常盤には収録されません)

初回限定盤A DVD収録内容
「家入レオ 5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~ at 東京国際フォーラム ホールA(2016年12月10日)」コンプリート収録映像

初回限定盤B DVD収録内容
デビューシングル「サブリナ」からの全12曲のシングル曲ミュージックビデオに新曲「それぞれの明日へ」ミュージックビデオ&メイキング収録
[それぞれの明日へ/それぞれの明日へ (メイキング)/僕たちの未来/Hello To The World/君がくれた夏/miss you/Silly/純情/チョコレート/太陽の女神/Message/Bless you/Shine/サブリナ]

家入レオ サイン入りチェキをプレゼント!

デビューから5年。シンガーとしても女性としても大きく大きく成長中の家入レオ。
今年さらなる活躍を見せてくれるのが今から楽しみ!
そんな彼女のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。

応募締切り:2017年3月15日(水)

>プレゼント応募サイト

>「家入レオ」の記事をもっと読む

家入レオ オフィシャルウェブサイト

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

家入レオ

生年月日1994年12月13日(22歳)
星座いて座
出生地福岡県

家入レオの関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS