スキマスイッチ 小田和正、KAN、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、フラカン、RHYMESTERら12組がプロデュースしたコラボアルバムを語りつくす!【インタビュー】

お気に入りに追加

これまで10年以上にわたって続けてきた“制作とツアー”という活動のルーティンを壊すために、ここ最近のスキマスイッチが行っているリアレンジという取り組み。昨年は、あの代表曲「全力少年」を奥田民生プロデュースのロックアレンジでリリースしたことも記憶に新しいが、その集大成とも言うべきアルバム『re:Action』が完成した。

小田和正KAN、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、フラワーカンパニーズRHYMESTERのほか、海外からはBENNY SINGSが名を連らね、ジャンルを超えた12組のミュージシャンがスキマの過去曲を新たに蘇らせた今作は、全てを語り尽すには丸一晩かけても足りない。なので今回は、“ポップユニット=スキマのロックバンド疑似体験”から見るスキマとロックの関係に焦点を絞りながら、制作秘話や今回のプロジェクトの意味をふたりに訊いた。(インタビュー&文:秦理絵 撮影:M.キセキ)

スキマスイッチ

スキマスイッチ

より大きな化学反応を楽しみたい。そのほうがスキマスイッチらしいのかなって

大橋

大橋卓弥(Vo)

―まさかこんな豪華なアルバムが出るとは思いませんでした。奥田民生さんのときのインタビューでは全然そんな感じがなかったじゃないですか。

大橋卓弥(Vo):言いたくても言えないストレスはあったんですよ(笑)。実は2年ぐらい前から動いてたプロジェクトではあったので。けっこうインタビューでも「こういうのがこの先も続くんですか?」って訊かれたりしたんですけど。

常田真太郎(Piano):実はちょこちょこ予兆はあったんです。BENNY SINGSのライブに僕らがお邪魔したときに、今回収録してるバージョンの「晴ときどき曇」をやらせてもらってて。そういう意味では、映画『一週間フレンズ。』で「奏(かなで)」のリアレンジバージョンをやるっていう情報も出てたので、どうやらコアなファンの間では「いつアルバム出るの?」みたいな感じではあったんです。早く言ってラクになりたいなと思ってました。

―今回のリアレンジ盤を作るにあたって、誰に、どの曲をお願いするかというのは、どういうふうに決めたんですか?

常田:まず、どういう方にお願いするのかっていうのが大きかったですね。ふつうに思いつくのは、職業プロデューサーの方だと思うんですけど、それだと僕らも「そうなるよね」って予想できちゃうと思ったんです。それよりは、自分たちと同じようにセルフプロデュースで活動しているミュージシャンの方にお願いをすることで、より大きな化学反応を楽しみたい。そのほうがスキマスイッチらしいのかなっていうのは話しましたね。そこから僕たちがずっと聴いてて、憧れてる人たちに絞り込んでいきました。

―誰にお願いするかを決めたうえで、曲もふたりで選んだんですか?

大橋:「自分たちの曲は何でも良いからやってください」っていうのは無責任だなと思ったんです。だから、「このアーティストにはこの曲が面白そうだね」っていうのを話し合って、オファーしたんです。それに対して、「違う曲がいい」って言われることはなかったですね。特に民生さんは、僕らの代表曲(「全力少年」)って言われる曲だったから、一度ぽろっと「僕らの看板曲だから、やりにくさとかなかったですか?」って聞いてみたんですよ。

―そうしたら?

大橋:「いや、全然ないよ。むしろ知ってる曲だから良かった」って言われました。なんか、こっちが恥ずかしくなりますよね。こっちから「僕らの看板曲なんですよ」って言っちゃった、みたいな(笑)。そんなつもりもなかったんですけど。だから、みんな思ったよりも、純粋にその曲を分析して、紐解いて、「俺だったらこうする」みたいにやってくれたので、どの曲もデモがあがってくるのが楽しかったです。

―オファーした方は、みなさんデモをあげてくださるんですか?

常田:あがってくる方もいれば、そうでない方もいますね。それも全部まる投げなので。イチから全部一緒に作ってくださいっていう方もいらっしゃいますし。それはフラワーカンパニーズなんですけど。逆にミックスまで全部自分でやるとか、まちまちなんです。GRAPEVINEさんは、今回は根岸(孝旨)さんも一緒に、とか。そういうのも、こちらからはお願いしないことにしたんです。制作環境からエンジニアさん、スタジオまで、向こうのアーティストさんに全部決めていただくのが今回のコンセプトだったんです。

―他のアーティストの現場に入るなんて、あんまりないですよね?

大橋:そうですね。他のアーティストさんも自分たちの現場を見せるっていうことは少ないでしょうし。見せたくないっていう人もいるかもしれないなとは思いましたけど。やっぱり鶴の機織り的なところがあると思うんですよ。真心(ブラザーズ)さんには「オケのレコーディングには来ないでください」って言われたりとか。

―オケのレコーディングを全く見ずに、真心の「ふれて未来を」を聴いたら、かなり大胆なリアレンジだから、びっくりしたんじゃないですか?

大橋:一聴してかっこいいと思ったんですけど、「どういう解釈でこうなったんだろう?」っていうのが全くわかりませんでした。YO-KINGさんは「とにかくボーカルが、こんなドラムで歌えないっていう曲にしたかった」って言ってましたけど(笑)。

大橋は「俺が歌ってるから、お前ら聴いてよ」ぐらいのものは持ってるなと思います

常田真太郎(Piano)

―今回の作品が面白いと思ったのは、真心もですけど、トライセラ、バイン、フラカンとか、バンドだとメンバーが全員で参加してるところですよね。

常田:僕らもバンドを疑似体験してみたいっていうところがあるんですよ。それこそGRAPEVINEのときに、卓弥が、田中(和将)さんに「GRAPEVINEのボーカルになったつもりで歌って」って言われてて、「うぉー!うらやましい」って思ってました。

大橋:それって言葉で言うとシンプルなんですけど……なんて言うんですかね。少しだけ「お前、ロックで歌えるのか?」って言われたように聞こえたんですよ。

―そんな挑発的な感じだったんですか?

大橋:いや、そんなつもりはないのかもしれないんですけど(笑)。いただいたデモには、そのご本人がメインボーカルを歌ってるパターンが多いんですけど、バインの場合も、田中さんボーカルの「ユリーカ」が存在してるんですね。だから、それを越えなきゃいけないというか、越えたかったんです。バインに馴染むために、自分のロック感を盛り込まなきゃいけない。「あの技を使えば、乗り越えられるんじゃないかな」とか考えて……。

常田:その考え方がロックじゃないな(笑)。

大橋:あはははは。だから僕は根底はロックじゃないのかもしれないですけど。

―これは一度訊いてみたいと思ってたんですけど、大橋さんって、特にライブのときに、ロックボーカリストのスイッチが入る瞬間がありませんか?

大橋:それは何だろうな……あれだけの人の前に立ってることは異常事態だから、「負けちゃいけない」っていうか。爽やかに歌ってるよりも、「お前らついてこいよ!」みたいなノリになったほうが、自分もそこにいやすい。あとは、自分が好きなアーティストっていうのも、きれいにポップスを弾く人たちばっかりじゃなくて、けっこうロックアーティストのライブが好きなので、それが出てるんだと思います。

常田:僕の考え方だと、ロックは「聴いてください」じゃないと思うんですよ。「俺が歌ってるのを聴いてくれ」っていう。ポップスの考え方は「聴いてください」だと思うんですよね。そう考えると、(卓弥は)そういう(ロックの)イメージもありますよね。「俺が歌ってるから、お前ら聴いてよ」ぐらいのものは持ってるなと思いますよ。

―うんうん、わかります。だから今回これだけ多くのロックバンドを迎えてて、かっこいい曲になったのは、スキマのなかに秘めたロックマインドがあるから、というか。

大橋:そう言ってくれるのはうれしいですね。

―しかも、わりと選んだのが泥臭い系の道を歩んでいるバンドが多いのもスキマらしくて。フラカンで言うと、結成25年を過ぎて初めて日本武道館をやったようなバンドだし。

大橋:やっぱりそこは憧れもあるんでしょうね。

常田:自分にはできなかったから、もし、生まれ変わるなら、そっちに行ってみたい。特に僕なんか鍵盤をやってるし、そういうフォーリズムに入れないんですよ。スリーピ―ス、フォーピースっていうロックバンドには、すごく憧れがありますよね。

―あと、今作で大きなフックになってるのが、BENNY SINGSの「晴ときどき曇」と、澤野弘之さんの「Ah Yeah!!」で。このふたりは世界的にいま流行のサウンドを取り入れて、このあたりはスキマスイッチが踏み込めてない領域だと思うんです

大橋:どちらかと言うと、僕らは遡るほうですからね。

常田:ハイファイなものをなかなか取り入れない傾向はありますよね。正直、そこに怖さもあるんですよ。それをやることで、いままで作ってきたスキマスイッチと両立できるのかな?っていうのは考えるんです。それをこのふたりはいとも簡単に壊してくれた。卓弥のボーカルでも、僕らの詞曲でも、全然馴染むじゃんっていう発見はありましたよね。

―今後はスキマの新たなエッセンスとして取り入れてみたいと思いますか?

大橋:ただ流行ってるものを何でも取り入れてしまうのは、僕らじゃないと思うんですよ。自分たちの音楽として消化できればやるでしょうけど。実際、今回のリアレンジで「奏(かなで)」に使ってる音は、澤野くんが使ってるのと同じ音が入ってて。ふたりでOKしながら入れてたりしてるので、音楽を楽しむ幅は広げてもらえたと思いますね。

自分たちが新しいアルバムを作る前にやっておきたいことのひとつでもあった

―BENNY SINGSとはオランダでレコーディングをしたそうですけど、スキマスイッチが海外でレコーディングしたのは初めてですか?

常田:そうなんですよ。ただ、録りは卓弥だけでしたけどね。今回のプロジェクトでは、けっこう現場で変わることも多いので、僕も行ったんですけど。BENNYはかなり作り込んでくるタイプだったので、特に何もすることもなく。見学してました(笑)。

大橋:BENNYのレコーディングの仕方って、Aメロ、Bメロ、サビをバラバラに歌ってから、その部分ごとに完成させるんですよ。だから歌も楽器のひとつというか、素材感が強かったですね。僕らの場合は、オケができあがってから、最後に命を吹き込むぐらいの気持ちで歌を録ってるんですけど。海外のアーティストはワードごとに歌を録っていくことも多いみたいなんですよ。IとかYouとか。それに対して、「そういう録り方をするやつはクレイジーだ」ってBENNYは言ってたんですけど、そんなに変わらないと思っちゃいますよね(笑)。でも、それで精度を高めてるんです。僕らはBENNYしか見てないですけど、やっぱり海外の音楽の作り方は感覚が相応違いましたね。

―このアルバムは、スキマスイッチのアーティストとしての欲求とか好奇心は満たしてくれたと思いますけど、聴き手にはどんなふうに楽しんでもらいたいですか?

大橋:それがちょっと難しいですよね。そもそも僕らの活動で言うと、企画物だったり、ベストアルバムみたいなものが続いるところもあって、「また企画ものか」っていう意見もあると思うんです。僕らがやりたいことを、必ずしも待ってる状況ではないかもしれない。ただ、これは自分たちが新しいアルバムを作る前にやっておきたいことのひとつでもあったし、今作を提示したときに、こう思ってほしいっていうのはあるんです。

―こう思ってほしい、というのは?

大橋:音楽はこうすると、全然聴こえ方が違うっていうことを、僕らと一緒に楽しんでみない?っていう。自分なりに音楽を掘り下げると、こういうふうに広がるんだよって提案することが、僕らができることなのかなと思うんです。このアルバムを出したあとには、初の対バンツアーも決まってますから。ホールとライブハウスの違いとか、僕らだけじゃなくて、他のアーティストのライブも見てもれえたらと思います。

―スキマスイッチ先生に音楽の楽しみ方を教えてもらうという感じ?

大橋:いや、そこまで言うと、ちょっと偉そうかな(笑)。でも、そう思ってるところはあるだろうなと思います。だから、先生とまでは言わないですけど……。

常田:近所の兄ちゃんですよね。

―ちょっと音楽に詳しい近所の兄ちゃん?

大橋:そうですね。かと言って、「これ聴けよ」って押し付ける気はないので。僕らを好きなら、「きっとこれも好きなんじゃない?」って提示するぐらいでいられたらと思います。

常田:あとは単純にセルフプロデュースじゃないのが初めてなので。初の“人が作ったスキマスイッチ”を楽しんでもらいたいですね。

スキマスイッチ リリース情報

re:Action

2017年2月15日発売

初回生産限定盤(写真上・2DISCS:Blu-spec CD2):AUCL-30040~1 ¥3,611(税抜)全24曲
通常盤(写真下・CD):AUCL-218 ¥3,000(税抜)全13曲

初回特典(初回生産限定盤)
・スリーブケース+高品質CD:Blu-spec CD2
・リアレンジ楽曲のオリジナル音源(全11曲)を収録したボーナスCD付属

収録曲(DISC1)両形態共通
M1.全力少年 produced by 奥田民生
M2.僕と傘と日曜日 produced by田島貴男(ORIGINAL LOVE)
M3.フィクション produced by フラワーカンパニーズ
M4.ユリーカ produced by GRAPEVINE
M5.マリンスノウ produced by TRICERATOPS
M6.Ah Yeah!! produced by 澤野弘之
M7.奏(かなで)re:produced by スキマスイッチ
M8.晴ときどき曇 produced by BENNY SINGS
M9.君のとなり produced by 小田和正
M10.ふれて未来を produced by 真心ブラザーズ
M11.ゴールデンタイムラバー produced by RHYMESTER
M12.冬の口笛 produced by SPECIAL OTHERS
M13.回奏パズル produced by KAN

初回生産限定盤 BONUS CD 収録曲
M1.全力少年 M2.僕と傘と日曜日 M3.フィクション M4.ユリーカ M5.マリンスノウ M6.Ah Yeah!! M7.奏(かなで) M8.晴ときどき曇 M9.ふれて未来を M10.ゴールデンタイムラバー M11.冬の口笛

スキマスイッチ ツアー情報

4/30(日)愛知県 名古屋国際会議場
対バン:TRICERATOPS

5/16(火)香川県 高松festhalle 
対バン:ORIGINAL LOVE

5/17(水)高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール
対バン:フラワーカンパニーズ

5/23(火)大阪府 オリックス劇場
対バン:KAN

5/30(火)東京都 中野サンプラザ
対バン:フラワーカンパニーズ

6/12(月)宮城県 東京エレクトロンホール宮城
対バン:RHYMESTER

6/20(火)東京都 Zepp DiverCity 
対バン:澤野弘之

6/22(木)新潟県 新潟LOTS 
対バン:RHYMESTER

6/29(木)北海道 ニトリ文化ホール
対バン:KAN

7/4(火)福岡県 福岡サンパレスホール
対バン:GRAPEVINE

7/5(水)福岡県 福岡サンパレスホール
対バン:奥田民生

7/14(金)広島県 広島文化学園HBGホール
対バン:真心ブラザーズ

7/18(火)愛知県 Zepp Nagoya 
対バン:SPECIAL OTHERS

スキマスイッチ オフィシャルウェブサイト

スキマスイッチの関連記事をもっと読む

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • プレミアムフライデーは「おうちシネマ」

人気の画像

  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • メジャーデビューのNGT48メンバーが『My Girl vol.17』で総力特集 中井りか “水着姿”を披露
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 稲村亜美、事務所の先輩・どぶろっくから下ネタ洗礼「“WBC”は出さない」
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント
  • 岡田結実、ファースト写真集を誕生日の4月に発売
  • 放プリ・小島まゆみが変形水着姿、城崎ひまりがメイド水着姿を披露 『まゆみん色の恋』『プリンセスの秘密は』
  • 叶美香、セクシーすぎる「すーぱーそに子」に絶賛の声

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

Twitter投票受付中

SNS・RSS