水樹奈々のニューアルバムは、この6年間にリリースされた全シングル表題曲に、話題のコラボ曲、そして新曲も2曲収められた超豪華ベストアルバム【インタビュー】

お気に入りに追加

水樹奈々

声優、そして歌手として、第一線を走り続けている水樹奈々。今年も大活躍が期待される彼女の、ファン待望のベストアルバム第3集『THE MUSEUM Ⅲ』が1月10日にリリースされる。収録曲にまつわる思い出や、エピソードなどを語ってもらった。

前回のベストアルバムをリリースしたのが、2011年11月。もう6年も経っていたとは、驚きです。

「私も驚きました。1曲目の『Synchrogazer』なんて、つい最近じゃなかった? この曲が主題歌のTVアニメ『戦姫絶唱シンフォギア』だって、こないだ1期のアフレコが終わったところだよね? いや、もう4期だった! …みたいな感じで。浦島太郎になったような気分を味わうことが増えた、今日この頃です(笑)」

─今回は6年分のシングル表題曲が収められていますが、水樹さんの楽曲はどれも瑞々しく、時代を感じさせません。

「そう言っていただけると、本当に嬉しいです! ファンの皆さんがライヴなどを通して、楽曲たちに新しいエネルギーを注ぎ続けてくれているからだと思います。初めて聴く時のドキドキ感や、聴くたびに好きになっていくワクワク感。そのどちらも味わってほしいので、楽曲制作には、いつも自然と気合が入りますね」

─ベストアルバムのジャケットデザインを、第1集から統一しているアイデアも、とてもユニークです。

水樹奈々の音楽を収めたミュージアムというコンセプトのもと、私は“館長”となって、皆様をご案内いたします♪ 衣装もポーズも統一させてきたので、私の顔つきの変化がハッキリとわかってしまうという! 1枚目の、おぼこ過ぎる私と、見比べてみてください(笑)。もうひとつ、ベストアルバム用のビジュアル撮影に共通させているコンセプトがあって。収録される楽曲のビジュアル撮影やMUSIC CLIP撮影で使用した衣装や小道具を、スタジオにズラリと展示するんです。そのアイテムに触れると、当時の記憶が鮮明に蘇ってくるんですよ。これもベストアルバムをリリースするときの、密かな楽しみのひとつなんです」

─6年分の重みも、しっかりと感じられる1枚です。

「私って、つねに“前へ、前へ!”という性格なので(笑)、ベストアルバムの制作が、自分を見つめ直すきっかけだったりもするんですよね。全速力で走り続けるだけではなく、ときには歩幅を緩めてみたり、立ち止まって大きく息を吸ってみたり。でも『THE MUSEUM Ⅲ』の収録曲を見ていると、そういうことがやっと自然に取り込めるようになった気がするんです。ようやく自分に“ご褒美”をあげられるようになってきたなぁ〜、なんて(笑)。本当に、自分の6年分の“アルバム”をめくっていくような感覚なんですよ」

─ファンの方も、水樹さんの歌を通して、自分自身の年月を重ねることができるのではないでしょうか。ただ、穏やかな話とは裏腹に、ヘビー級の激アツソングがズラリと並んでいます。

「アハハ!(笑)。まず1曲目が『Synchrogazer』ですからね。脳にもお腹にもガツンと来る、破壊力の強い曲が、揃ってしまいました(笑)」

─やはりTVアニメ『戦姫絶唱シンフォギア』第1期から4期までのオープニングテーマ全4曲のインパクトは、すごい!

「アニメタイアップの曲は、その作品の世界観を象徴する楽曲を生み出さなければならないので、『シンフォギア』に限らず、どの作品にも生みの苦しみがあります。でも、確かに『Synchrogazer』を初めて聴いたときの衝撃は、凄まじかったですね。こんな無茶をさせる曲が、まだあったのか! と(笑)。まさに絶唱でした。しかし、この時の水樹は、さらに過酷な楽曲が生まれることを、まだ知らずにいた…。なんて(笑)」

─「Synchrogazer」が“はじめの一歩”だったという(笑)。

「本当に! 2期オープニングテーマの『Vitalization』なんて、水樹至上最もトリッキーな楽曲になりましたから。『TESTAMENT』も、音が上に行ったり下に行ったり。いまになれば、『Synchrogazer』が“なんて可愛らしい曲なんだろう”と思えます(笑)」

─映画『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』主題歌「BRIGHT STREAM」も、リリース当時、かなり苦戦された1曲だったとおっしゃっていましたね。

「これは『Destiny's Prelude』など、“なのは曲”に共通して言えることなんですが、まず歌詞を書くときに、私のあふれる“なのは愛”を1曲に収めるのが大変なんです(笑)。そしてレコーディングでは、女性ならではの“内なる強さ”を感じてもらえるように歌いたいと思っていて。なので、力強く熱唱! というよりは、一見優雅に、余裕の表情で歌っているように見せて、実は水の下で思いっきり足を動かしている感じ。まさに“白鳥”のように歌いあげなければならないんです。大変ですが、歌い甲斐があります」

─“なのは曲”を作り、歌い続けることは、もはや水樹さんにとってライフワークのようなものでは?

「歌い続けていけるのも、『なのは』シリーズが多くの方々に愛されているからこそ。日々たくさんの作品が生まれる中で、こういった作品に巡り会えたこと、声優としても歌手としても、宝物のように大切に思っています。今回、『HOT BLOOD』と『粋恋』という新曲を2曲収録しているのですが、それも私が2005年に声優として参加し、エンディングテーマも担当させていただいたTVアニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』の続編、『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』の曲なんです。13年という時を経て、同じように参加させていただけるなんて、これも声優冥利、歌手冥利につきる出来事でした」

─その想いは、新曲の熱量から伝わってきました。

「ありがとうございます! 和ロックの『HOT BLOOD』、ロックバラードの『粋恋』。実はどちらの曲も、デモの選考時期を入れたら、約1年がかりで制作したものなんです。『甲賀忍法帖』の楽曲、『WILD EYES』と『ヒメムラサキ』の世界を引き継ぎつつも、それを超えるもの…となると、思い出値が加わっている分、ハードルが高くて(笑)。それでも水樹チーム一丸となって、両曲とも噛めば噛むほど味の出てくる“スルメ曲”に仕上がったと自負しておりますので、ぜひアニメのオンエアとともにチェックしてください!」

─ほかにも、アニメ界だけでなくミュージックシーンに衝撃を与えたT.M.Revolutionさんとのコラボ曲「Preserved Roses」「革命デュアリズム」や、山寺宏一さんと歌唱した復興支援ソング「花は咲く ~アニメスター・バージョン~」も収録されていて、大充実の1枚ですね。

「素晴らしい方々との共演も、本当に大きな刺激をいただきました! この6年間を振り返った時に絶対に外すことができない楽曲です」

─昨年は、精力的なライヴ活動はもちろん、世界的アーティスト、キャロル・キングの半生を描いたブロードウェイミュージカル『Beautiful』にも挑戦。キャロル役から得たものはありましたか?

「キャロルの楽曲が大好きだったので、それを彼女がどう生み出していったのかを肌で感じることができたことは、歌手として貴重な経験になりました。あんなふうに生き様が出る歌に、私もいつか挑戦してみたいな。でも、そういう歌をキャロルは10代、20代で歌っていたんですよね。いや〜、凄すぎる! もっと精進しなければ!(笑)」

─ベストアルバムの発売日翌日、1月11日からは日本武道館での7days LIVEも開催されます。

「1年の始まりをファンの皆さんと過ごせること、すごく楽しみです。武道館ならではの密着感を生かしたステージ構成を考えていますので、ぜひ遊びに来てください!」(取材・文:瀬尾水穂/撮影:上飯坂一)

水樹奈々 リリース情報

THE MUSEUM Ⅲ

NEW ALBUM
2018年1月27日レンタル開始
2018年1月10日発売

CD+Blu-ray盤:KIZC-437~8 3,500円(税抜)
CD+DVD盤:KIZC-439~40 3,500円(税抜)
初回生産盤特典
スペシャルフォトブック仕様+特製BOX仕様
TSUTAYA 予約/購入特典
先着特典
B2ポスターカレンダー
抽選特典
直筆サイン入り撮り下ろしLifestylin'?ポスター(7名様)
※こちらの特典は、一部お取り扱いのない店舗もございます。

⇒作品紹介・レビューを読む

水樹奈々 オフィシャルサイト

水樹奈々の関連記事をもっと読む

戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギア

監督 伊藤達文
脚本 金子彰史
原作者 上松範康  金子彰史
音楽 Elements Garden
声の出演 水樹奈々  高山みなみ  悠木碧  井口裕香  高垣彩陽  石川英郎  沢城みゆき  保志総一朗  赤羽根健治  瀬戸麻沙美
概要 音楽集団「Elements Garden」代表の上松範康が原作を手がけ、ゲームソフト「ワイルドアームズ」シリーズのクリエイターである金子彰史がシリーズ構成を担当したテレビアニメーション作品。監督は「しゅごキャラ!!!どっきどきっ」の伊藤達文、声の出演は人気声優の水樹奈々と高山みなみが担当した。「すべての中心に音楽が据えられた作品を作りたい」というクリエイターの思いが結集した、本格サウンドロマンアクション。
ヒトを炭素の塊に変え分解してしまう認定得意災害「ノイズ」が蔓延する近未来の日本。政府はノイズ被害拡大の阻止と事態収拾を担う特異災害対策機動部二課を設置、ノイズを駆逐するための切り札「シンフォギアシステム」を開発する。高校一年生の立花響は、人気ボーカルユニット「ツヴァイウィング」の二人、天羽奏と小日向未来がプロテクターに身を包み、ノイズを殲滅する現場に遭遇する。やがて響もまた、シンフォギアシステムの力を得てノイズとの戦いに身を投じるようになるのだった。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

水樹奈々

生年月日1980年1月21日(37歳)
星座みずがめ座
出生地愛媛県新居浜市

水樹奈々の関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 石川恋とE-girls・楓、“虹フィルター” 加工の2ショットを披露
  • 【祝成人】欅坂46、守屋茜、潮紗理菜、石森虹花ら、10人の撮り下ろしグラビアを披露
  • 【グラビア新年】天木じゅん、鈴木ふみ奈、森咲智美、橋本梨菜……“ワン”ダフルな新春セクシーショット披露!
  • 【速報】叶姉妹、冬コミケに降臨!ファビュラス衣装でファンと交流
  • 可愛すぎる現役音大生・みうらうみ、ヤングチャンピオン初登場!
  • 都丸紗也華、写真集『はぁとまる』の表紙解禁
  • たつき監督登場、倉持由香は「童貞殺しセーター」で悩殺 2017年のTwitterトレンド大賞 ツイートでにぎわせた人物続々
  • 【温泉でもお騒がせ?】須藤凜々花、アンゴラ村長ら、2017年お騒がせ女性タレントが温泉に集結!
  • Fカップ女子・天野麻菜、ビールを1500日連続で飲み続ける

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS