RADWIMPSメモリアルイヤーの最後を飾る「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」ライブレポート

お気に入りに追加

「今日はここに3万人以上の人がいるらしい。きれいごとに聞こえるかもしれないけど、スタッフからライブでどれくらいのお客さんが来てくれたとか、CDが何枚売れたとか聞いても、いつも“ふーん”という感じで、それくらい現実感のないもので。でも、今、俺たちの目の前にいるあなたたちは本物で、それは圧倒的な事実として突きつけられる。その事実こそが俺たちを音楽に駆り立てるし、その視線が俺たちを突き動かすんです。あなたがRADWIMPSと出会ってくれて、本当にありがとう」


  • RADWIMPS 野田洋次郎

  • RADWIMPS 桑原彰

  • >RADWIMPS 武田祐介

野田洋次郎が口にする言葉は、徹頭徹尾、この世界で生きているということの曇りや淀みや不条理をすべて咀嚼し、飲み込んだうえで、真実を射抜く言葉だけを連ねる。それは歌詞の筆致のみならず、こうしたMCの一語一句にも顕在化する。

言うまでもなく、それは言葉だけではない。RADWIMPSが突き詰め、磨き上げてきた音楽像そのものが“リアリティ”ではなく“リアル”な求心力に満ちている。ビジョンに映し出される歌詞とともに鳴らされた本編ラストの「オーダーメイド」は、そんなバンドとリスナーの強固な関係性を明示するように響き渡った。そうやって、音楽表現とそれを届ける人々に対して徹底的かつ真摯に向き合ってきたRADWIMPSの10年だった――。

2015年にデビュー10周年を迎えたRADWIMPS。メモリアルイヤーの最後にして次なるフェイズへの幕開けを飾るべく幕張メッセで開催されたワンマン公演「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」。

アジアとヨーロッパ―を回った海外ツアー「RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour」、バンドにとって初となった対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」と、2015年はあらたなリスナーとの出会いを求める精力的なライブ活動を行ってきたRADWIMPS。10周年はとても重要な節目だけれど、だからこそ、2016年以降に繋がる動きをするべきだという思いが彼らを1年間走らせた動力になったのは想像に難くないし、11月にリリースされたニューシングル『記号として/‘I’ Novel』もバンドの“これまでとこれから”橋渡しするような性格だった。

この日のセットリストも、1曲目の「トレモロ」に始まり、アンコールのオーラス「ふたりごと」までの全24曲で、10年の道程に刻まれた音と記憶を丁寧に編むような内容ではあったが、それよりも現在進行形のRADWIMPSの音楽的な自由度と気骨さにこそ心惹かるものがあった。

病気療養中のドラマー、山口智史に代わって対バンツアーから迎えている刄田綴色と森瑞希のツインドラムを加えた5人編成のアンサンブルはさらに鉄壁なものになっており、ロックもパンクもファンクもジャズもアフロビートをはじめとする民族音楽も天衣無縫に昇華するRADWIMPSの総合音楽的な快楽に満ちたバンドサウンドは、世界にも通用するクオリティを誇っていると強く実感した。

特に5曲目「遠恋」から6曲目「ヒキコモリロリン」、15曲目「DADA」から16曲目「おしゃかしゃま」へと繋げた流れの音楽的なカタルシスは名状しがたいものがあった。

終演後のビジョンには、2016年3月に海外ツアーと対バンツアーの模様を記録したドキュメンタリー映画『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』が上映されるというニュースがアナウンスされた。ここで浮き彫りになるのもまた、RADWIMPSの揺るぎない信念という名の胎動だろう。(文:三宅正一 撮影:植本一子)

RADWIMPSの関連記事をもっと読む

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • 編集者・ツレヅレハナコさんに聞く、「映画とビールな金曜日。」 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]

人気の画像

  • 佐々木希、それとも堀北真希? 父親世代が一番ショックだった「タレント同士の結婚」カップルは?
  • 【水着ショット公開】春奈るな、ニューアルバム『LUNARIUM』収録「Fly Me to the Moon」のリリックビデオ公開!
  • 綾瀬はるか、ランニング後の入浴シーンを披露
  • “スイカップ”人妻アナ・古瀬絵理、“不倫”テーマの写真集も家では「すれ違いざまにお尻を…」
  • 浅田舞、仕上がりバッチリのセクシーママ姿で色気ふりまく
  • コムアイ、“愛人役”に挑戦「大胆な露出」も惜しまず 現場からも演技に賞賛の声
  • ショッピングセンターで大胆パンチラ姿も披露 犬童美乃梨『ハートにずっきゅん』
  • グラドル森咲智美、「氷を這わされたい」Sっ気たっぷりの芸能人とは…?
  • “健全”グラドル・朝比奈祐未「不倫もちょっとやってみたい」 最新DVD『君のヒナ。』

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS