GLAY全国ツアー最終日「みなさんの未来が幸せであるように」【2016年4月24日 日本武道館ライブレポート】

お気に入りに追加

GLAY

GLAY

1月28日の大阪公演からスタートし、全国19会場30公演にわたって行われたGLAYの4年ぶりとなる全国ツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 "Supernova"」が4月24日に日本武道館にてファイナルを迎えた。

4月21、23、24日と3日間開催された約4年ぶりの日本武道館の最終日。GLAYは22年間、不動のメンバーで走り続けてきた今を鮮やかに刻みつけるライヴを見せてくれた。

最新シングル「G4・Ⅳ」に収録されている「彼女はゾンビ」でおなじみのゾンビ子によるユーモラスな影アナが流れ、ハンドクラップで客席が盛り上がる中、メンバーがステージに登場した。幕開けは同じく「G4・Ⅳ」に収録されたGLAYの原点に通じるパンキッシュでアグレッシブな「Scoop」。TERUが「ツアーファイナル! 武道館、行くぞ!」と叫び、メンバーのシルエットを浮かび上がらせる照明の中、のっけからいっきにテンションを引き上げていく。続いてインディーズ時代からの人気曲「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」ではイントロから大歓声が上がった。

長く続けているといろいろな曲を聴いてもらえて本当に幸せです

「今日は明日のことなんか考えなくていいんだぞ! 思いきり暴れて行こうぜ!」。TERUは客席を煽り懐かしい曲、レアな曲を織り交ぜながら、新たな試みや今のGLAYの想いを込めた楽曲を響かせた。

今回のツアーはサポートキーボーディストがいない5人編成だったこともあり、TERUがアコースティックギターを弾いた「カナリヤ」は「この曲は僕らの故郷、函館の歌ですが、みなさんの故郷を思い浮かべながら聴いてほしいなと思います。この5人だけのアレンジで届けたいと思います」という言葉とともに新たなアプローチで披露された。

「100万回のKISS」ではオーディエンスを包みこみ、「シキナ」ではハンドクラップで場内が一体に。
リズムのキレが小気味いい「everKrack」ではHISASHIがひざまずいてギターをかき鳴らし、TAKUROが上手スロープ先端で煽り、JIROがドラム台に足をかけてビートを刻むアグレッシブなステージを展開させ、インディー時代のナンバー「Believe in fate」ではTERU とTAKUROが向かい合い、熱い演奏を響かせた。

「22年目になるんですが、長く続けているといろいろな曲を聴いてもらえて、楽曲たちも僕らも本当に幸せです。ありがとう! これから聴いていただく曲は2007年にいろいろな壁にぶつかり、いろいろなものと戦い、また新たな想いで歩み始めた時の楽曲です。僕らの大好きなラブバラードを聴いてください」

TERUがバンドの転機だった時代を振り返り、切なくまっすぐ刺さってくる「SORRY LOVE」を届けたのも印象的だった。サポートドラマーとしてGLAYを支え続けているTOSHI(永井利光)はアンコールで「メニューも含めて歴史が感じられるツアー」と話していたが、まさに過去と現在が交錯し、彼らが楽曲とファンをいかに大事にしてきたかがダイレクトに伝わってくる。

ライヴ後半ではHISASHIが「どうしてもTERUにエレキギターを弾いてほしかった曲」と前置きし、トリプルエレキギターでアニメ「クロムクロ」のOPテーマに起用された「デストピア」がカラフルな照明の中、投下された。

プロジェクションマッピングの派手な演出で見せた「百花繚乱」、大合唱になった「TILL KINGDOM COME」と駆け抜け、本編を北海道新幹線開業イメージソング「Supernova Express 2016」で締めくくった。

GLAYとファンのみんなの関係性は年を追うごとに強い絆で結ばれている

これからも10年、20年とやり続けたいと伝え、ツアーは終わってしまうけれど7月30、31日に幕張メッセで開催されるFC限定ライヴでまた会えると話していたGLAY。

アンコールではTERUが本ライヴをニコニコ生放送で一部中継した理由について「九州で地震があってチケットはあるけれど会場に来られない人たちがたくさんいて、武道館の雰囲気を少しでも届けたいと急遽、配信することにしました。GLAYとファンのみんなの関係性は年を追うごとに強い絆で結ばれている気がします。みなさんの未来が幸せであるように笑顔であるようにと願っています」と触れ、「空が青空であるために」を披露。

そしてメンバー紹介ではJIROが「みんながすげえいい顔してるのが嬉しくてツアー中、何度も感動した」と振り返り、TAKUROはツアー完走への感謝の想いを述べ、ツアー中のほっこりエピソードを。HISASHIが話している最中にはゾンビ子ちゃんの声が入りこみ、天井からゾンビ子人形が落下する演出で驚かせ、そのまま「彼女はゾンビ」に突入。レギュラー番組「RX-72」でHISAHSIと共演しこの曲にも参加している茂木淳一も飛び入り参加し、大盛り上がりのまま、ラストナンバーは「HIGHCOMMUNICATIONS」。

「また武道館に必ず帰ってくる」とTERUが告げ、5人で手をつないでジャンプした後はみんなでこのツアーをサポートしてくれたスタッフに拍手。最後までステージに残ったTAKUROは「ありがとうございました!」と高揚気味に挨拶。メンバー全員が袖で待つスタッフにハイタッチしていた。

GLAYにしか生み出せない空気、バンドのグルーヴ、乗り越えてきた道の先に続く希望と力強さ。すべてを見せてくれたライヴだった。(文:山本弘子 撮影:岡田裕介)

セットリスト

1.Scoop 2.千ノナイフガ胸ヲ刺ス 3.汚れなきSEASON 4.STARLESS NIGHT 5.laotour~震える拳が掴むもの~ 6.カナリヤ 7.100万回のKISS 8.シキナ 9.everKrack 10.Believe in fate 11.SORRY LOVE 12.Will Be King 13.航海 14.デストピア 15.百花繚乱 16.TILL KINGDOM COME 17.GREAT VACATION 18.Supernova Express 2016 ENCORE 19.Life~遠い空の下で~ 20.BEAUTIFUL DREAMER 21.空が青空であるために 22.彼女はゾンビ 23.HIGHCOMMUNICATIONS

GLAYの関連記事をもっと読む

GLAYオフィシャルサイト

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • プレミアムフライデーは「おうちシネマ」

人気の画像

  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • メジャーデビューのNGT48メンバーが『My Girl vol.17』で総力特集 中井りか “水着姿”を披露
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 稲村亜美、事務所の先輩・どぶろっくから下ネタ洗礼「“WBC”は出さない」
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント
  • 岡田結実、ファースト写真集を誕生日の4月に発売
  • 放プリ・小島まゆみが変形水着姿、城崎ひまりがメイド水着姿を披露 『まゆみん色の恋』『プリンセスの秘密は』
  • 叶美香、セクシーすぎる「すーぱーそに子」に絶賛の声

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

Twitter投票受付中

SNS・RSS