「銀座 蔦屋書店」など241ブランドが集結。「GINZA SIX」4月20日誕生

お気に入りに追加

2017年1月末の竣工を目指し現在開発が進む「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」の施設名称が「GINZA SIX(ギンザ シックス)」に決定した。開業日は2017年4月20日(木)。

銀座 蔦屋書店」など、241ブランドが集結する。

【速報&レポート】銀座の新名所「GINZA SIX(ギンザ シックス)」4月20日オープン。デパ地下やカフェなど見どころを紹介

圧倒的なスケールとクオリティ

内観イメージ

内観イメージ

「GINZA SIX」は銀座のど真ん中に、延床面積約148,700㎡、銀座エリア最大の商業施設面積約47,000㎡の規模でできる。松坂屋銀座店の単独建替えではなく、周辺を含む2街区を合わせた再開発により生み出された圧倒的なスケールは、エリア最大となる241もの多彩なブランドが集結するワールドクラスクオリティの商業空間を実現。

銀座の象徴である中央通りに面した全長(間口)約115mに、世界を代表する6つのラグジュアリーブランドが旗艦店として2~5層の大型メゾネット店舗を構え、個性的なファサードにより銀座の新たな顔を創り出す。

名称「GINZA SIX」は、銀座6丁目の象徴として堂々とアピールするとともに、五感全てを満たすモノやコトが集まり、五感を超越した喜びや満足など新たな価値を提案する、6つ星級の価値をもった施設であることを表現している。

オフィスイメージ

バス乗降所イメージ

地下6階~地上13階からなり、地下2階~地上6階と13階の一部が商業施設、7階~12階と13階の一部がオフィス、屋上庭園、地下3階には「観世能楽堂」を配置。1階には、観光バスの乗降所を設置した「ツーリストサービスセンター」を設け、“銀座の玄関口”となれるような商業・観光拠点を形成する。

最高に満たされた暮らし、新たなラグジュアリーを提案

内観イメージ

内観イメージ

同施設のコンセプトは、“Life At Its Best 最高に満たされた暮らし”。最先端のスタイルと真のラグジュアリー、そしてサービス、環境など、すべてが高いレベルで提供されること、同施設における全ての体験がクリエイティブであり、真に豊かな暮らし、人生を感じることを目指す。

また、ブランドスローガンは、「Where Luxury Begins 世界が次に望むものを」。ラグジュアリーとは人生を豊かに充実させてくれる、最高に価値のあるモノや体験とし、“最高に満たされた暮らし”を求める人々に向けて、世界でここにしかない特別な場と仕掛けを創発、新たな価値「New Luxury」を世界にプレゼンテーションしていく。

発信力をもった旗艦店が半数以上!

同施設に出店する241のブランドのうち半数以上の122店舗が、「旗艦店=フラッグシップショップ」となる。旗艦店は、どこよりも早く、どこよりも豊富な商品投入、どこよりも上質なサービスを提供する、ブランドにとっても特別な位置づけの店舗だ。

「銀座で新しい挑戦をしたい」と、銀座初出店が81店舗、新業態に取り組む店舗も65店舗が集結。

銀座に初出店となる「銀座 蔦屋書店」は、新業態として、日本の文化や美意識を発信するとともに、アートとともに暮らす生活を提案する。カフェやギャラリーを併設し、文具・雑貨のコーナーも充実する。

また、日本初となる店舗も11店舗出店が決まっており、イタリアのジュエリーブランド「MIMI(ミミ)」、フランス発のクレープガレット専門店「Framboise(フランボワーズ)」、フランススイーツ界に革命を起こしてきた巨匠フィリップ・コンティチーニのブランドショップ「PHILLIPPE CONTICINI(フィリップ・コンティチーニ)」などが登場する。

グエナエル・ニコラ氏による「ストーリーのある、上質な空間デザイン」

内観イメージ

内観イメージ

商業施設の共用部インテリアデザインは、海外プレステージブランドのストアデザインをワールドワイドに展開するグエナエル・ニコラ氏が担当。巨大な商業空間を、親しみやすくわかりやすいものにするため、「人」の感情や身体感覚を第一に考えたヒューマンスケールの空間を創出する。

銀座や京都に残る路地をイメージして、通路を適度に雁行させることで、そぞろ歩く楽しみを演出。また、日本建築の障子や行燈などの光を参考に、風のように光が全体に回るようにする。上質な空間で個々の店舗をさらに引き立てる。

また、基本設計と外観デザインは、ニューヨーク近代美術館などを手掛けた谷口吉生氏が担当。ファサードの「ひさし」と「のれん」をイメージしたデザインは、どちらも人々を迎えるのにふさわしい、伝統的な日本の形式だ。また、建築自体はできるだけシンプルに仕立て、そこに咲く「花」であるショップのデザインが際立つように計画されている。

世界的クリエイターやアーティストのアートを体験

世界的に活躍する注目のアーティストやクリエイターとのコラボレーションにより、感性を刺激するインスタレーションやアート作品を館内各所に展示。施設の中心部にある巨大な吹き抜けは、森美術館館長・南條史生氏の監修による、現代アートの巨大な展示空間となる。オープニング展示は、前衛芸術家・草間彌生氏によるインスタレーションを展開する。

その他、館内2カ所にある高さ約12mの壁面(リビングウォール)には、対となる2つのアート作品を展示。一方は、植物学者兼アーティストのパトリック・ブラン氏による、日本に生息する固有種の植物を織り交ぜたアート作品。もう一方は、プログラミングによって24時間365日変化し続ける映像作品を、ウルトラテクノロジスト集団のチームラボが手掛ける。

銀座初のバレーパーキングほか、もてなしも充実

ホテルや海外ラグジュアリーモールでは馴染み深いバレーパーキングを、銀座エリアの商業施設としては初めて導入(有料)。出迎えから見送りまで、きめ細やかなサービスで対応する。

また、上顧客のための特別なラウンジ「LOUNGE SIX(ラウンジ シックス)」では、多言語対応のコンシェルジュが常駐し、One to Oneのもてなしをする。飲食店とコラボレーションした特別メニューの提供や、パーソナルスタイリング、メイクアップサービスのほか、文化イベントの開催なども予定している。空間デザインは、新素材研究所の杉本博司氏と榊田倫之氏が手掛け、新しい日本の美意識を感じられる空間を演出する。

さらに、無料でダウンロードできる「GINZA SIX アプリ」は、最新ニュースの受け取りや施設内のナビゲーションとして、ポイントカード機能や施設内のサービス予約、イベント申し込みなど、多彩な機能も備える。クレジット機能付きの「GINZA SIX カード」(有料)も2種そろえ、カードの種類や利用額に応じてプレミアムなサービスを提供する。

アートと日本文化に触れる「銀座 蔦屋書店」GINZA SIXに4月20日オープン。ギャラリー、スタバ、注目商品は?【レポート】
「スターバックスコーヒー GINZA SIX店」4月20日オープン。銀座 蔦屋書店の「STARBUCKS RESERVE BAR」ではスタバ新体験も

■開催情報

「GINZA SIX(ギンザ シックス)」
オープン日/2017年4月20日(木)
営業時間/物販・サービス10:30~20:30、飲食11:00~23:30※一部店舗により異なる
住所/東京都中央区銀座6-10-1

公式サイト

銀座 蔦屋書店 公式サイト

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

あなたのインスピレーションを刺激する。今、最も“旬”なアート、デザイン、雑誌のトピックをななめ読み。「いつかは行きたい」「やってみたい」が見つかるライフスタイルWEBマガジン。

T-SITE LIFESTYLEの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!
  • 久松郁実、海での撮影は砂が「めちゃくちゃ水着に入ってくる」

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS