世界で「3億5千万人が抱える病気」に立ち向かうアプリ

お気に入りに追加

150325sugar.jpg


糖尿病と日々戦う患者は世界で3.5億人もいます。そんな糖尿病治療の難しさは、自己管理を毎日続けること。ドイツのヘルスケアテクノロジー企業Diabetizer社は、IBMの支援を受けて、ネット接続さえあればどこでも糖尿病治療を管理できるアプリを開発しました。

【元の記事を読む】

人間が苦手な自己管理を支援 自己管理の弱さは、多くの人が認めるところです。そんな人間が苦手な部分をアプリが支援する仕組みです。ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事では次のように紹介されていました。
糖尿病治療の難しさは、日々の記録管理と習慣を続けることにあります。血糖値の記録や体調は自ら管理する必要があり、さらに薬を飲む時間を測り、決められた投薬量も覚えていなければならないなど、正確さと自分を律する厳しさが必要です。このように、治療には患者個人の努力が必要とされているため、治療の正確さと有効性が損なわれている可能性もあります。そこでDiabetizer社は、患者の負担を軽減し、治療の精度と有効性を上げるためアプリケーション「myDIABETIZER」を開発しました。(中略) インターネットに繋がっていれば、世界中どこからでも、患者は自分の血糖値や栄養、健康データをサーバーに送ってポータルサイトに集約し、それを見ながら医師と患者が話をすることが可能になります。
このアプリの優秀なところは、医師の適切な判断を、テクノロジーの力で後押ししてくれるところ。患者の測定データを元に様々な項目のパラメータを設定し、医師が現状をすぐに把握できるようにしてくれるのです。このような仕組みがあれば、医師の仕事を効率化することにも繋がりそうですね。このテクノロジーの詳細は、下の元記事リンクより確認してみてください。 クラウドが支える糖尿病治療――Diabetizerがスマホから健康を見守る|Mugendai(無限大) (ライフハッカー[日本版]編集部) Photo by Shutterstock.

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

ライフハッカー[日本版]

最新のサービスや新製品を使いこなし「仕事を楽しく、プライベートはもっと楽しく」という願いを叶える、便利で役に立つライフハック術の数々を紹介。ITリテラシーの高い読者を中心に支持を拡大しています。

ライフハッカー[日本版]の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露
  • ゴルフ場で水着姿も…? アン・シネ、初の写真集発売
  • 東麻美、クール&大人の表情が満載の1stデジタル写真集『stylish gravure』を発売
  • 「東レ」ガール・夢乃、電子オリジナル写真集で “抜群のスタイル” を披露
  • 犬童美乃梨&森咲智美、『FRIDAY』表紙にダブルで登場
  • “可愛すぎる音大生” みうらうみ『FRIDAY』に初登場 赤リップ×赤ビキニのセクシーショットを披露

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS