リフォーム・リノベーション済み賃貸物件を選ぶ際に注意したい5つのチェックポイント

お気に入りに追加

リフォーム・リノベーション済み賃貸物件を選ぶ際に注意したい5つのチェックポイント

リフォーム・リノベーション済みの賃貸物件は内装や外観が綺麗になっているので、すごく魅力的に見えます。もちろん、見た目が綺麗になっていて、かつ暮らしやすい賃貸物件なら文句ありませんよね。しかし、中には、入居してみてから「見落としていた…」と後悔する状態の物件もありますので、見た目の綺麗さだけで判断せず、しっかり吟味して選ばなければなりません。

リフォームとリノベーションの違いと、リフォーム・リノベーション済み賃貸物件の注意点をまとめましたので、これから引っ越しをされる方はぜひ参考にしていただければと思います。同じ住むなら、見た目も綺麗で快適な部屋を選たいですよね。

■ リフォームとリノベーションの違い

明確な定義があるわけではありませんが、リフォームとリノベーションは慣習的に使い分けられています。まずはそれぞれの意味と違いを解説します。

リフォームの定義

リフォーム(Reform)は、本来「改正する」という意味ですが、日本では住宅を改修することをリフォームと呼んでいます。リフォームは和製英語で、英語圏では住宅の改修はリノベーション(Renovation)かリモデル(Remodel)を使います。

キッチンや浴室などの水回り設備の修繕・取り換え、壁紙の張り替え、外壁塗装の塗り替え、外壁の張り替え、屋根材の葺き替え、耐震補強など、住宅の一部や複数部位の改修がリフォームにあたります。

古くなった設備を交換したり、破損した箇所を修繕したり、元の状態に戻すのがリフォームです。マイナスからゼロに戻すイメージですね。

リノベーションの定義

リノベーション(Renovation)は、「修復、刷新」という意味です。日本で使われるリノベーションは、建物に大規模な改修を行い、新築のときよりも性能を向上させたり、間取りを変更したりするなど、住宅に新しい価値を与えることを指します。

両者の違いは、リフォームがマイナスからゼロに戻すのに対し、リノベーションはマイナスやゼロからプラスの価値を与える改修を施す点です。子供が独立した後に2つの部屋の間にある壁をなくして1つの部屋にしたり、内装や外装デザインを一新したり、元々の住宅の性能に付加価値を与え、より住みやすく改修することをリノベーションと呼びます。

中古住宅を購入し、思い通りに内装や外装を改修する中古住宅リノベーションや、住宅を骨組みの状態まで戻してそこから自分好みの改修を行うスケルトンリノベーションという言葉もあります。

■ リフォーム・リノベーション済み賃貸物件選びの注意点

リフォームやリノベーションが完了している賃貸物件は、まず見た目が綺麗なのでそれだけで決めたくなりますね。しかし、物件によっては部屋が綺麗で満足できても、他の部分で不満が生じることがあります。リフォーム・リノベーション済み賃貸物件を選ぶ上で、チェックしておきたい5つの注意点を解説します。

これから挙げる注意点は全てのリフォーム・リノベーション賃貸物件に当てはまるわけではありませんので、中にはそういう物件もあるんだ、という視点で見ていただければと思います。

注意点1:防音性

リノベーションで間取り変更をした場合、元々の防音性が損なわれてしまうことがあります。たとえば、隣部屋との境に押し入れやクローゼットがあることで防音の役割を果たしていたものを、リノベーションで押し入れを取り払ったことで隣の部屋の音が聞こえやすくなっている場合があります。

他にも、リノベーションによって上下階の間取りが食い違った場合、上階のキッチンの水音が下階のリビングに響くなんてケースもあります。このように、リノベーション前は気にならなかった隣や上下階の生活音が聞こえやすくなっている場合もありますので、防音性は要チェックです。

注意点2:壁からカビが侵食してくる!?

古い壁紙を剥がしただけで、古い壁のカビの上から壁紙を貼っている場合、徐々にカビが侵食してくる恐れがあります。見た目は綺麗になっても、壁紙の下にはカビが残っていますので、結露やカビ対策をしていても壁の下からカビが生えてきてしまいます。

注意点3:和室から洋室へ張り替え

畳敷きの和室だった部屋を、フローリングの洋室に変更した場合、階下に足音が響きやすくなっている可能性があります。フローリングに張り替えることによって畳の吸音性が得られなくなるためです。リフォーム・リノベーション時に床の防音対策がされていれば大丈夫ですが、そうでない場合は足音が響きやすくなっている恐れがあるので、入居前にチェックしておきましょう。

注意点4:配管の交換をしていない

内装が綺麗にリフォーム・リノベーションされていても、配管が古い状態のままだと、入居後に水回りのトラブルが起こりやすくなります。配管のリフォーム・リノベーションをしているかは見た目ではわからないので、管理会社や大家さんに尋ねてみましょう。

注意点5:人気がない物件

騒音がひどい、治安が悪いなど周辺環境がイマイチでなかなか入居者が決まらない物件のテコ入れのために、リフォーム・リノベーションが行われることがあります。それ自体はなんら問題ありませんし、部屋が綺麗なら我慢できる程度のデメリットなら良いのですが、見た目の綺麗さだけを見て、周辺環境のチェックを怠ると、入居してから後悔してしまいます。周辺環境のチェックはリフォーム・リノベーション賃貸に限らず重要ですので、入居前に必ずチェックしておきましょう。

■ まとめ

いかがでしたか? リフォーム・リノベーション賃貸を選ぶ際は、見た目の綺麗さだけに気を取られず、細かな点も確認するようにしてください。

参考) ・賃貸用語辞典・リフォーム ・賃貸用語辞典・リノベーション

一人暮らしを刺激するウェブマガジン「SINGLE HACK」は、祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」が運営しています。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

SINGLE HACK

SINGLE HACK(シングルハック)は、一人暮らしを刺激するウェブマガジンです。ライフスタイル、インテリア、節約術、グルメ、引越しについてのテクニックを公開しています。祝い金がもらえる賃貸情報サイト、キャッシュバック賃貸が運営しています。

SINGLE HACKの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • デトロイト発のアメリカ最先端デザインブランド「SHINOLA」が日本上陸 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 広瀬すず&アリス、美女姉妹W表紙に登場 シースルーで大人の色気を披露
  • 【年末まで毎週「坂道の日」】2017年、乃木坂46と欅坂46がタッグで写真集発売! 若月佑美、新内真衣、堀未央奈、与田祐希ら続々発売決定
  • ベイビーレイズJAPAN・傳谷英里香、初グラビアを披露
  • AKB48、乃木坂46、欅坂46…人気アイドルのグラビア満載の『BUBKA』が電子書籍開始
  • ミス・ワールド2017日本代表の山下晴加さん、壮行会で決意あらわ
  • 【銭湯マニア必見】“至福のひととき”を無料で体験できるチャンス
  • キス顔動画が話題のグラドル・星島沙也加が2ndDVD『セカンドキス』をリリース
  • 壇蜜、谷間バッチリの最強コスプレ、“セクシーカウガール”姿を解禁!
  • 博多発のくびれ美ボディ神宮寺かなん「はじめてのDVDでドキドキ。見えちゃった」

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS