"イケボ"も話題の志賀廣太郎、40代で選んだ俳優の道 未来を拓く働き方

お気に入りに追加

●イケボの裏に狂言や能?
ドラマ、映画などで見ないことはない個性派俳優・志賀廣太郎。2017年は、TBSドラマ『陸王』での活躍も記憶に新しい。名脇役としての印象が強い志賀だが、テレビ東京で人気を博し放送されてきた『三匹のおっさん』シリーズでは北大路欣也、泉谷しげるとともにご町内のヒーローとして大活躍し、1月2日には新春ドラマ特別企画として『三匹のおっさんスペシャル~正義の味方、史上最大・最後の戦い!…かも?~』(21:00~)も放送される。

その多忙さから、完成披露試写会では泉谷から「TBSの方に行っちまったから……」と言われて苦笑もしていた志賀だが、意外にも、本格的に俳優としての道を進み始めたのは40代のときだという。芸能界になくてはならない存在となった現在まで何があったのか、そして話題の”イケボ”(イケメンボイス)の秘密について話を聞いた。

○演劇の基礎を習った学生時代

――志賀さんが演技に興味を持ったきっかけはなんだったんですか?

俳優になりたいと早くから一大決心をしたわけじゃないけど、たまたま幼稚園の園長先生や小学校の担任の先生が、表現や演劇に関わってる方だったんです。特に小学校の先生は、児童演劇協会にも所属されてて、ご自分で脚本を書かれてそれを生徒にやらせるという方でした。

後年知ったんですけど、民芸の俳優教室に通ったこともあるそうで、そういう影響もあって中学ですんなり演劇にはいって。中学でも顧問の方が、自分で書いている方でした。高校でも誘われるままに演劇を続けていました。

――俳優を目指される方って、こんな俳優さんに憧れてとか、映画を見てとかが多いイメージですが、志賀さんの場合は違うんですね。先生や演出に惹かれて、それで、高校卒業後は、桐朋学園で演劇を学ぶことになったと。

確かに先生の存在が、桐朋学園に行くことにつながるんですよね。高校で進路を決めるときに、歴史好きだったので、日本史の勉強しようかなとも思ったけど、演劇のことも天秤にかけたら頭もたげてきて。本当は一般の大学に行ってから演劇を学ぶのも遅くはないなと思ったんですけど、たまたま俳優養成所が閉鎖されて、桐朋学園にひきつぐということで学校になったんで、学校だったらいいかと思ったんです。

――20代は、演じるよりも学ぶほうに比重があったんでしょうか。

学校自体は俳優養成がベースになっているんで、僕も俳優になりたいと思って入ったんですけど、いろいろ座学で、演劇理論とか歴史とか音声学だとかを習いました。

――音声学で思ったんですけど、志賀さんはイケボというか、いい声というイメージが大きいと思うんです。

僕は自覚してなかったし、今もまだよくわかってはないんですけど、大学のとき、国語音声学の先生で柴田武先生という方がいらっしゃって。『新明解国語辞典』とかの辞書を編纂されてたり、方言の研究されてる方なんですけど。その方の授業で、最初にひとり一分くらいの自己紹介をしたときに、「君の声はいい声だから大事にしなさい」といわれて「えっ」と思いました。

大学の授業の中には狂言なんかもありましたし、声楽もあったし、三年目には能もあったし、そういうものに興味があったんですね。個人的にも語りと三味線の常磐津なんかも少しならったし。実はうちの母親がもともと長唄の出で。でも長唄じゃなくて常磐津を習ったのは、常磐津のほうにはセリフがあるんで、そっちのほうがいいかなと。わりと狂言や能や常磐津という、日本語の発生の基礎になるようなことをやったのがよかったのかな、今になって思いました。

●若者とのギャップから、俳優の道へ
○演技を教えるうちに、演じる重要性に気づいた

――その後、ドイツにいかれたんですよね。

大学は短大、専攻科併せて4年だったんですけど、更に聴講生、ゼミの助手として残り、その後ドイツに行きました。そのころ教えることにも興味を持ったので、もしかしたらそっちのほうがいいのかなと思い始めていたころなんです。

――戻ってきて、実際に演技を教えるようになるんですね。

非常勤として桐朋学園で演技を教えるようになりました。いろいろやりましたね。ドイツでは演劇教育に「遊び」が持ち込まれているんですけど、お遊戯という意味の遊びではなく、集団で創作するようなことで、そこから派生して今は創作の授業をやってます。題材を与えて、それに即して学生たちにお芝居を作ってもらい、それを見て講義をしたりダメ出ししたりとか。そんな授業でした。

――でも、教えていくうちに、演じる重要性を感じて、平田オリザさんの『青年団』に入ることになったそうですね。

平田には興味があって、初めて観たのは今のスタイルになる前の『烏のいる麦畑』というテロを扱った作品でした。休憩なしのほぼ3時間でしたが戯曲が面白くてまったく飽きませんでした。それから2、3年してまた『カガクするココロ』の初演を見にいったら、がらっと作風がかわってて。チンパンジーを進化させるという研究者の日常を、なにがおこるでもなく淡々とすごしていく。そこに衝撃を受けて、平田に学生の教材としてぜひ使いたいと申し出ました。

――それで、自分が演じるほうになっていくんですよね。

教材で戯曲を使わせてもらうのはいいけど、自分が演技を体験してないのに教えるのは難しいと思って、酔った勢いで「次の舞台に出たい」と言ったら、じゃあ説明会にいらしてくださいと。初舞台は、90年の『光の都』という芝居でした。

――その後、本格的に「青年団」に入ろうと思ったのはどうしてなんですか?

初舞台を踏んでからも、一年に一回くらいは俳優として舞台に立ってたんですけど、芝居の理論づけをワークショップで学ぶうちに、一年に一回というスタンスだととてもじゃないとダメだなと感じて。正式に劇団員になって、それから毎回出るようになりました。45歳くらいの年でしたかね。
○楽天的な性格が成功への鍵

――45歳で違う世界に飛び込むことに不安はありませんでしたか?

劇団には入ったけれど、教える方も少しは続けていたし、出れば劇団からも出演料は発生します。それだけじゃ厳しいですけど、楽天的なので、心配はなかったですね。

――その後、ドラマやCMに出演することになって。

CMに出演するきっかけは、90年代に『青年団』に入ったこと、CMや映像の監督さんがよく小劇場をご覧になってて、山内ケンジさんが来られていて、初めてCMに出ることになりました。「こんなタイプの人、初めて見た」と言ってもらいましたね。

――ドラマに初めて出たのは。

前後しちゃうかもしれないけど、深津絵里さんと、茂山逸平さんが主演で、『学校の怪談』に単発で出て(「怪猫伝説」、演出・脚本:矢口史靖)、その後、『恋のチカラ』や、『世にも奇妙な物語』とか。この『世にも奇妙な物語』(「BLACK ROOM」原作・脚本:石井克人)は、奥さんが樹木希林さんで、木村拓哉さんのお父さんの役でした。

――ブレイクと言われてるのは、福田雄一さんの作品のイメージですけど、いろんなクリエイターさんが面白いなと思ってくれることの繰り返しだったんですね。

そうですね。いろんなきっかけが重なって今があるというか、その気持ちは忘れないようにと思っています。

――福田さんとの出会いはどんなものだったんでしょうか?

福田さんは、『独身3!!』というドラマの打ち上げの席で初めてお会いしたときに「志賀さんいいですねー」って言ってくださって、『THE 3名様』のときにも声をかけてもらいました。それにしても、福田さんの作品で演じる役と、『陸王』の役とではぜんぜん違いますからね。いわゆるシリアスな役に見出してくださる方と、コミカルな面を見出してくださる方がいる。僕はどれも真面目にやってるつもりなんですけど、そこから出てくる面白さを見てくれているのかもしれません。『三匹のおっさん』もコミカルな面を求められている作品だと思います。

――いまは、リスクを背負わない選択を求める人も多い気がするんですが、40代で俳優の世界に飛び込もうと思う気持ちってどういうところから湧いて出たんでしょうか。

やっぱり40歳になる前くらいから、どこかで「このままやってていいのかな」という思いが出てきたんですね。僕は年をとっていくのに、毎年入ってくる学生は18歳や19歳だから、その差が広がる一方で。考え方が共有できているのかなと思ったら、何が必要かってことで、これは、目標であった俳優をちゃんとやらないといけないのかなって。

――これからやりたいことってありますか?

『三匹のおっさん』のシリーズは続いていってほしいと思います。今まで、こんな風に自分が出てシリーズとして続いていくものというのもなかったし。それと、呼んでくださる限りは俳優としてやっていきたいなと思います。

■志賀廣太郎
1948年8月31日生まれ、兵庫県出身。1978年より桐朋学園演劇科で非常勤講師として勤務。1990年、劇団「青年団」に入団し、教壇に立ちながら舞台、テレビ、映画など様々な作品で役者としても活動する。DVD『THE3名様』(2005年)で若者の間でも人気となり、テレビ東京『三匹のおっさん』シリーズ(2014年~)では”おっさん”の一人・ノリとしてスタンガンを手に活躍。2017年はドラマ『リバース』『陸王』など立て続けにヒット作に出演し、注目を浴びている。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

マイナビニュース

パソコン、デジタル、IT、エンタメ、恋愛、ライフスタイル分野の最新ニュースとマジメなレビュー、レポートをはじめ、誰かに話したくなるランキングを元にしたコラムからなる総合情報サイト。

マイナビニュースの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

志賀廣太郎

生年月日1948年8月31日(69歳)
星座おとめ座
出生地東京都

志賀廣太郎の関連作品一覧

泉谷しげる

生年月日1948年5月11日(69歳)
星座おうし座
出生地東京都目黒区青葉台

泉谷しげるの関連作品一覧

北大路欣也

生年月日1943年2月23日(74歳)
星座うお座
出生地京都府

北大路欣也の関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 石川恋とE-girls・楓、“虹フィルター” 加工の2ショットを披露
  • 【祝成人】欅坂46、守屋茜、潮紗理菜、石森虹花ら、10人の撮り下ろしグラビアを披露
  • 【グラビア新年】天木じゅん、鈴木ふみ奈、森咲智美、橋本梨菜……“ワン”ダフルな新春セクシーショット披露!
  • 【速報】叶姉妹、冬コミケに降臨!ファビュラス衣装でファンと交流
  • 可愛すぎる現役音大生・みうらうみ、ヤングチャンピオン初登場!
  • 都丸紗也華、写真集『はぁとまる』の表紙解禁
  • たつき監督登場、倉持由香は「童貞殺しセーター」で悩殺 2017年のTwitterトレンド大賞 ツイートでにぎわせた人物続々
  • 【温泉でもお騒がせ?】須藤凜々花、アンゴラ村長ら、2017年お騒がせ女性タレントが温泉に集結!
  • Fカップ女子・天野麻菜、ビールを1500日連続で飲み続ける

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS