壇蜜、カリスマ占い師からの執筆活動プッシュに「頑張ります!」

お気に入りに追加

タレントの壇蜜が、テレビ朝日系ドラマ『ホリデイラブ』(26日スタート、毎週金曜23:15~)の役づくりで、カリスマ占い師から個別指導を受けた。

ステラ薫子氏(左)と壇蜜=テレビ朝日提供

こやまゆかり氏のコミックが原作のこのドラマは、平和な日常を過ごしていた主人公・高森杏寿(仲里依紗)が、誰より信じていた夫の浮気が発覚するところからスタート。それでも、夫婦は愛情を再認識し、元の鞘へ収まろうとするが、やり直そうとするたび、夫の浮気相手が愛し合う夫婦をさらなる困難へと陥れていく。

この中で、杏寿に「ご主人以外の男性から見たら、あなたは十分、素敵な女性よ。あなたとご主人…ツインソウルだといいのだけど」と怪しい言葉を投げかけ、心をざわめかせる謎の女・坂口麗華を演じるのが、壇蜜だ。

麗華は、霊的能力が高い女性という設定のため、劇中でもタロット占いをするシーンがあるのだが、壇蜜はタロット占い未経験者。そこで、「王妃占い」やドラマ『魔王』(2008年)のオリジナル・タロットカードなどで有名なカリスマ占い師・ステラ薫子氏から、直々に個別指導を受けることになった。

早速、壇蜜はステラ氏が持参したカードを広げようとしたが、付け爪が邪魔で上手く広げられない上、その付け爪が取れてしまうというハプニングが発生。それでも、回を重ねるごとにコツを掴み、練習わずか5回目にして、ステラ氏に「うまい、素敵!」と絶賛されるまでになった。

「緊張したなぁ…! 先生のカードを借りてるから、できたんだと思います。これが新品だったら、誰の力も借りられなかったと思う」と、謙虚な壇蜜に、ステラ氏は「ドラマでもこれを使って!」と、自らがいつも使っているタロットカードと専用クロスを贈呈。壇蜜は、大喜びでタロット占いシーンの撮影本番に臨んだ。

指導中には、ステラ氏が壇蜜の今年の運勢を占う場面も。「あなたの新しいキャラ、今までのスタイルじゃない道ができます。すでに何か来てるはずですよ!」と話すと、壇蜜は驚きながら「去年から連載執筆の仕事が増えていて、実は執筆の仕事をプラスしていいのか迷っているんです」と驚き。

さらに、ステラ氏は「絶対に(執筆の仕事は)やった方がいい。そこから、いろんな能力が出てきますよ!」と畳みかけ、「壇蜜さんは4カ月前から人生の転換期に入っている」「特に2カ月後…3月が中核になって、ものすごいパワーになるから、そこで頑張らないとダメよ!」とアドバイスされた壇蜜は「決算の時期ですね(笑)。頑張ります!」と、迷いを吹き飛ばして笑顔を浮かべていた。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

マイナビニュース

パソコン、デジタル、IT、エンタメ、恋愛、ライフスタイル分野の最新ニュースとマジメなレビュー、レポートをはじめ、誰かに話したくなるランキングを元にしたコラムからなる総合情報サイト。

マイナビニュースの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS