ティームが「クレーに来るといい気分になる」と意気込み、初戦ではルブレフかハッサと対戦へ

お気に入りに追加

ティームが「クレーに来るといい気分になる」と意気込み、初戦ではルブレフかハッサと対戦へ

ドミニク・ティーム(オーストリア)が「クレーに来るといつもいい気分になる」と話しながら、クレーコートシーズンへの意気込みを語った。

ティームは現在ランキング7位で、力強い片手バックハンドを持ち、フォア、バックとも大きなフォームから強烈なスピンをかけた打球を放つ選手で、クレーコートの大会で特に、実績を積んできている。

同選手は3月に行われた「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月8日~18日/ハードコート)の3回戦で、足首の負傷を理由に棄権していた。

得意としているクレーコートシーズンについて、ティームは「クレーに来るといつもいい気分になるんだ。インディアンウェルズでは足首に問題があったけど、もう大丈夫だと思う。母国で良い調整をして、ここで素晴らしいプレイヤー達と練習ができた。だから98%の状態だと言えるね」とATPの公式サイトで明らかにしている。

また、今週から始まっている「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月15日~22日/クレーコート)については、「モンテカルロ・マスターズは今シーズンのとても重要な大会なのははっきりしていて、大きなプレッシャーがかかっている」とティームが話していることを、同サイトは紹介。

併せて、同選手によれば、結果を残さなければランキングも低下してしまう危険もあり、重要な局面を迎えている一方で、リラックスできてもいるとのこと。「今回のトーナメントはふんばりどころで、いくつかの試合で勝利を収めて、クレーコートシーズン中にベストでいられるように願っている」との見方も示された。

ティームは自身の大会初戦となる2回戦で、期待の若手の一人であるアンドレイ・ルブレフ(ロシア)とロビン・ハッサ(オランダ)との対戦の勝者との試合に臨む予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」でのドミニク・ティーム(オーストリア)
(Photo by Jeff Gross/Getty Images)

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

THE TENNIS DAILY

国内、海外のテニスニュースや動画を配信!テニスを愛するすべての人々へ。テニスを「知る」「読む」「観る」「調べる」「楽しむ」そして、テニスに「参加する」。あなたがのぞむテニスがここに詰まっています。

THE TENNIS DAILYの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露
  • ゴルフ場で水着姿も…? アン・シネ、初の写真集発売
  • 東麻美、クール&大人の表情が満載の1stデジタル写真集『stylish gravure』を発売
  • 「東レ」ガール・夢乃、電子オリジナル写真集で “抜群のスタイル” を披露
  • 犬童美乃梨&森咲智美、『FRIDAY』表紙にダブルで登場
  • “可愛すぎる音大生” みうらうみ『FRIDAY』に初登場 赤リップ×赤ビキニのセクシーショットを披露

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS