オールスクリーンスマホ、Vivo「NEX」はディスプレイ占有率91%。フロントカメラをいれる隙さえなし

お気に入りに追加

Image: The Verge





すべてがオールスクリーンに配慮した設計。

今年3月にコンセプトモデルとして披露された、中国Vivoによるオールスクリーンスマホ。こちらがなんと現実になりました! The Vergeによると、Vivoは市販モデルとなる「NEX」を発表。




Vivo Apexハンズオン:フロントカメラが飛びだすコンセプトスマホ


もしかしたらこれがスマホの未来?バルセロナで行われているMWC 2018では、5Gネットワークについてのアップデートや、数々の新しいスマホモデルが...
https://www.gizmodo.jp/2018/03/vivo-apex-handson.html

ポップアップ式のフロントカメラを採用し、本来ならノッチがあるところまでディスプレイを攻めた、Vivoの新型フラッグシップスマートフォンです。

NEXの画面下部にはわずかにフチが残っているものの、本体フロントに対するディスプレイの占有率は91.24%に達しています。またディスプレイ埋め込み型の指紋センサーも搭載されており、ディスプレイのためにスペースを譲ったデザイン。

さらに、ディスプレイを振動させることで音を出す「Screen Soundcasting Technology」機能を採用。フロントスピーカーがなくても通話に困りません。



そして気になるポップアップ式のフロントカメラ。本体が厚くなるんじゃ?と思いきや意外と薄く、本体厚は7.98mmと、iPhone Xの7.7mmよりも少しだけ分厚いようです。スペックも申し分ない、800万画素。

また中身もフラッグシップにふさわしく、プロセッサにSnapdragon 845を搭載し、RAMは8GBで内蔵ストレージは256GB4,000mAhのバッテリーを搭載しています。画面は、6.59インチ/1,080×2,316px解像度の有機ELディスプレイです。

背面には1200万画素+500万画素のデュアルカメラを、本体下部にはイヤホンジャックまであります。

Vivo NEXは4,998元(約8万6000円)でグローバルにて販売予定。また、プロセッサやRAM、ストレージ容量を抑えた廉価モデルも販売されます。iPhone XやGalaxy S9に比べれば安く、しかもエッジーなポップアップ式カメラにディスプレイ指紋認証機能つき。僕がいま一番欲しいスマートフォンです。

Image: The VergeSource: The Verge, GSMArena.com(塚本直樹)



この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

ギズモード・ジャパン

最新のコンピュータ・スマートフォンから様々なオモシロ情報までガジェットファンを熱狂させるコアな情報が大好評。20代後半から30代の最先端の男性ビジネスマンに強く支持される、ガジェットニュース満載のブログメディアです。

ギズモード・ジャパンの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS