子ども用の風邪薬がない?パラセタモールが強い味方【ニュージーランド】

お気に入りに追加

ニュージーランドでは、小さな子どもが風邪を引いても、いわゆる総合風邪薬のようなものが処方されることはありません。
かかりつけ医師のGP(ジェネラルプラクティス)に行くと処方されるのはいつもパラセタモール(Paracetamol)別名アセトアミノフェンという鎮静・解熱剤のみ。
それも、高熱(38.5度以上)が出て、機嫌が悪い時にだけ使用するように言われます。
高熱が出ても、子どもがハッピーに遊んでいるのなら、飲ませる必要はないとのこと。
咳止めや鼻水、痰をきるような成分の薬は一切出ません。

2008年に、ニュージーランドの保険省では、2歳以下の子どもに対して風邪薬・咳止めの薬を処方してはいけないという警告をしています。
私も4歳の娘に対して抗生物質が出たのは、高熱&中耳炎になったときのみです。
日本に行くと、子どもが喜びそうなキャラクターの総合風邪薬のシロップなどが簡単に薬局で手に入りますが、こちらではそうはいきません。
でも、できれば薬に頼らず、自然治癒力で治すのが一番ですよね。
ニュージーランドでは、パラセタモール(パナドール)は常備薬として、一般家庭に置いておきたいお薬と言えるでしょう。

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

ワウネタ海外生活 -海外旅行・海外体験-

海外旅行・海外生活の情報なら「ワウネタ海外生活」! 場所が変わればライフスタイルや交通事情、食べ物やファッションやコスメも変わる。 実際に住んでみないと分からない、日本の常識とは異なるアレコレをお届けします。 世界各地のイベント、生活情報やグルメ、観光などの旅行情報があります。

ワウネタ海外生活 -海外旅行・海外体験-の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • 編集者・ツレヅレハナコさんに聞く、「映画とビールな金曜日。」 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]

人気の画像

  • 内田理央、赤裸々な女子トークで「モテテク」を披露
  • 元Dream5・大原優乃、グラビア初挑戦でFカップ披露 目標は「表紙を飾ること」
  • 佐々木希、それとも堀北真希? 父親世代が一番ショックだった「タレント同士の結婚」カップルは?
  • 【水着ショット公開】春奈るな、ニューアルバム『LUNARIUM』収録「Fly Me to the Moon」のリリックビデオ公開!
  • 綾瀬はるか、ランニング後の入浴シーンを披露
  • “スイカップ”人妻アナ・古瀬絵理、“不倫”テーマの写真集も家では「すれ違いざまにお尻を…」
  • 浅田舞、仕上がりバッチリのセクシーママ姿で色気ふりまく
  • コムアイ、“愛人役”に挑戦「大胆な露出」も惜しまず 現場からも演技に賞賛の声
  • ショッピングセンターで大胆パンチラ姿も披露 犬童美乃梨『ハートにずっきゅん』

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS