多忙な人に打診するときにスルーされないメールの書き方

お気に入りに追加

多忙な人に打診するときにスルーされないメールの書き方


新規の営業先や新しい人脈などまったく縁がない人にメールを送ったところで、返事をもらえるのは稀なもの。逆に言えば「メールに返事をもらえる」ということはビジネスの現場において、大きな強みとなります。ビジネスの最前線で活躍している人は、返信してもらいやすいメールを書くスキルがいかに重要かを知っています。コミュニケーションの専門家ザック・スレイバック氏は、LinkedInのブログ記事で次のようにアドバイスしています。 悪いメールは相手の時間を浪費させるスレイバック氏の記事では、返信がもらえないメールの特徴が3つ紹介されています。
1.やたらに長文2.何をしてほしいのかわかりにくい3.内容と無関係な件名 ──LinkedInより引用
このようなメールを受け取ると、読み手は「時間の浪費である」という印象を抱くでしょう。スレイバック氏は多忙な人の心理状態について、「見ず知らずの人から送られてきた読みづらいメールに返信する可能性は低い」としています。 回答を用意するだけで返信率がアップそれでは、どのようなメールが返信してもらいやすい内容なのでしょうか? スレイバック氏は返信を受け取りやすいメールについて「あらかじめ用意された回答を送る」とアドバイスしています。たとえば、電子書籍について有識者の意見が欲しい場合には「今後、電子書籍の市場はどうなるでしょうか」と聞くのは適切ではありません。 好ましい質問は、「電子書籍の今後はどれだと思いますか?」 A. 紙の書籍が残り、電子書籍は消えていくB. 電子書籍が残り、紙の書籍は淘汰されるC. Bの傾向が強くなるが、紙の書籍も残るこのような複数回答を用意してメールを送れば、返事が受け取りやすくなるということです。スレイバック氏が提唱するメール術の弱点は、事前に用意する回答が質問者の知識に依存することですが、ここで大切なことは、まず返事をもらうこと。「Bです」といった単純な返答だけを送られてくることは考えづらく、何かしらの副次的な情報が手に入るでしょうし、返事をもらったメールに「電話でもう少し詳しく伺えますか?」と依頼の連絡をすることもできます。 メール術で新しい仕事のステージへ進もう多忙な人からメールの返事をもらうことは、ビジネスの現場で役にたつスキルです。スレイバック氏が言うように「質問事項を突き詰めること」と「時間の浪費をさせないこと」を忘れないでおきましょう。メールに返事をもらえる技術を磨けば、今までにはないビジネスチャンスと出会える可能性が広がりますよ。 [How to Write Emails That Get Replies From Very Busy People] Photo by Gettyimages

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

cafeglobe

読者の多くは40代のリアルキャリア女性。政治経済からビューティ、ファッションまで情報感度の高い大人の女性が必要とする記事を平日毎日更新で発信しています。

cafeglobeの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【必見!】深キョン、“濡れ髪ヘアバンド姿” で夜のリラックスタイムを伝授
  • 「1000年に一度の童顔巨乳」浅川梨奈、セカンド写真集『NANA』を発売
  • 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」
  • 仲里依紗、キュートな「ブラ姿」を披露 今年のバレンタイは…?
  • 『ポプテピピック』上坂すみれ、2年ぶりのライブ演出は「飲んでから考える」
  • アラサーグラドル・金山睦、ボリューム満点のDVD「ご想像にお任せします!」
  • 白石若奈「私の良さが出せた!」 DVD『私、脱いだら凄いんです』発売記念イベント
  • “エロすぎるジャズピアニスト” 高木里代子、「うる星やつら」ラムちゃんコスプレで演奏を披露
  • 欅坂46・平手友梨奈、理想の1日は「ゴロゴロ」と「散歩」

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS